節分といわしの由来は何?そこには意外な事実があった!

 

節分という日はいろんな風習や慣わしがある昔からのイベントですよね。

 

まあ、節分の豆とか恵方巻きといったものは、ものすごくポピュラーになっていますが、節分と魚の「いわし」との由来については、それほど世間には浸透していない感じがしますね。

 

節分と「いわし」って一体どんな由来があるのか?以前から気になってはいたので、今回調査してみることにしてみました!

 

スポンサードリンク

 

そこには意外な由来が!せっかく日本人に生まれたので、この節分と「いわし」の由来を老若男女みなさんに知っておいてほしいと思います!

 

節分といわしとの由来

 

086410

 

節分と言えば、やっぱり豆まきとか恵方巻きが注目が集まっちゃいますが、「いわし」も節分にとっては、非常に重要な要素だということがわかりました!

 

とりあえず、節分において一番不吉なものとされるものはなんでしょうか?

 

086416

 

そう「」ですよね!

 

鬼が家の中に入ってくることによって、その家に不幸がおとずれるということから、絶対に鬼を家の中に入れないための防衛策が必要になってくるわけです(笑)

 

その防衛策の一番有名なのが「豆」です。豆を投げることによって、鬼を近づけないようにするという、非常にわかりやすい撃退方法です(笑)

 

でも豆をまいいただけじゃ何か心もとない。だから鬼が家の門の入り口に入って来れないようにバリケードをしこうと考えたわけです!

 

いわしは鬼に対するバリケード?

 

そのバリケードの役割を果たしたの「いわし」なんです!正式には「いわし」だけではありません。非常に鋭利なトゲを持っている柊(ヒイラギ)とのセットで家の門に飾られるわけです。

 

ea100075803eb315bf7a33fbde648755_m

 

この時の役割は、ヒイラギはその鋭利なトゲによって、鬼の目を刺して入れなくする。そして「いわし」はその頭を焼くことで、その独特の臭みと煙で鬼を近づけなくするということなんです。

 

よく柊鰯というのは本当に存在する魚なのか?と疑問に思われる方も少なくないと思われますが、そんな魚の種類はいなくて、この2つがセットになったものが、柊鰯と呼ばれるようになったわけなんですね。

 

ここまでの経過をわかりやすく時系列にまとめると・・・

 

1、鬼がやってくる

2、豆を投げて追い払う

3、その豆をかいくぐってきた鬼が家まで近づく

4、そのために家の門に「いわし」とヒイラギを置いて門に入れさせない

 

スポンサードリンク

 

なんだか進撃の巨人みたいな感じになってきましたが・・・こんな感じで我々は鬼をこれまで駆逐してきたのです笑

 

昔は「いわし」ではなく、「ボラ」だった??

 

この風習が始まったのはもちろん近代になってからではありません。

 

日本で最初にこのような風習が行われたと文献で残っているのは、なんと平安時代にまでさかのぼります。

 

有名な紀貫之の土佐日記で初めてその様子が描かれているんですね。そこでは、「いわし」ではなく、「ボラ」が使われているのです。

 

土佐日記の中には

「こへのかどのしりくべなはのなよしのかしらひひらぎらいかにぞとぞいひあへなる」

 

と記載されてあります。これを漢字を交えてあらわしてみるとこうなります。

 

小家の門の端出之縄の鯔の頭、柊らいかにぞ。とぞいひあへなる

 

これを単語ずつに分けて訳してみますね。

 

小家・・・小さな家、粗末な家。

端出之縄・・・しめ縄。

鯔・・・「なよし」と言われるボラの成長途中の魚のこと。

柊・・・「ヒイラギ」と読む。

ら・・・軽蔑の意味を表す。

いかにぞ・・・どういうわけなのか?どうしてか?

いひあへなる・・・話し合っているようだ。

 

これをまとめて訳すると

 

小さな家の門のしめ縄とかボラの頭とかヒイラギなどはどうなっているんだろう?と、話し合っているようだ。

 

と、このような意味になるようですね。

 

なぜ「いわし」ではなく、「ボラ」だったのか問題

 

で、なんで最初はボラが使われていたのに、いわしに変わったのかというと、いわしは漢字で「鰯」と書きますよね。さかなへんに「弱」がくっついた文字なわけです。

 

つまり「いわし」は弱い魚。で、この弱い魚のニオイを嗅ぐことで、鬼の力が落ちるということらしいのです。

 

鬼は、魚臭いのが嫌というわけではなく、弱い魚のニオイが嫌だったというわけです。だからボラから鰯に次第に変わっていったと言われています。

 

いわしヒイラギ

 

あと、ただ単にボラの値段が高くなってきたから、もったいなくなってきたという俗っぽい説もあります(笑)私はむしろこっちのほうが説として正しいんじゃないかと思ったりしますが(笑)

 

節分といわしの由来のまとめ

 

節分と「いわし」の由来についてまとめますと・・・

 

  • 頭を焼いたニオイによって、家の門に置き、鬼が侵入するのを防いだ
  • 以前はイワシではなく、ボラが使用されていた
  • 弱い魚であるイワシのほうがより効果があるということでイワシに変わっていった
  • ボラが単純に高価な魚になったので、庶民は飾ることができなくなってきた

 

こんな風にまとめられるのではないでしょうか。平安時代からの風習がこの現代においても続いているというのは本当に凄いことですよね。

 

日本の良き風習としてこれからも残っていってほしいなと思います!

 

スポンサードリンク

 

おまけ動画
こちらの動画では折り紙で柊イワシを作っています!なんか淡々と折っているのを見てるとちょっと快感を覚えますよ(笑)

 

 

節分といえばこんな知識も役立つかも・・・

節分と恵方巻きの由来は?いつの間に全国の風習になったのっ

節分における鬼の意味は?これが結構深い意味が!

 

コメントを残す