節分における鬼の意味は?これが結構深い意味が!

086428

なぜ節分に鬼が登場するんだろう?どんな意味があるんだろう?漠然とこんな疑問を持ったことありませんか?

 

「鬼は外~福は内~」な~んて言いながら子供の頃はよく豆まきをしたものですよね。でも、「福は内」はわかるんですが、「鬼は外」の意味がちょっとわからなくないですか?

 

スポンサードリンク

 

元々、鬼が家にいるから追い出すのか?それとも節分の日に鬼がやってくるから追い返すのか?

 

節分になるといつも気になっていたこんな小さな疑問をリサーチしてみることにしました!それではお気軽にご覧下さいませ~。

そもそも節分とは?

 

「節分」って文字だけで見ると

  「節を分ける」

  

  「季節を分ける」

  

  「季節の分け目」

ってことですよね。

 

現代風に言うと「季節の変わり目」が節分ってことになります。だから節分は一年に一回あるものではないんですよ!

 

日本には四季がありますから、なんと一年に四回もあるんですよね。これ結構知らない人が多いかも。

 

だから私たち日本人は本当は年に四回も恵方巻きを丸かぶりで食べ、豆をまかないといけないわけですが(笑)

254242

そんなに何回もできないってことで、立春の前日の節分が一番ポピュラーになってきました。

 

で、この季節の変わり目は昔から「邪気」が生じると伝えられてきたわけなんです。季節の境目で中途半端な時期なので、邪気が狙ってきやすいわけですね。

 

だから季節の変わり目は風邪をひきやすいんです!これ結構うまいこと的を得てるかも笑

 

で、なんで鬼なの?

086153

そう、そんな風邪をひきやすい(しつこい笑)季節の変わり目にやってくる鬼さん!も~なんでやってくるのよ!

 

さっきも書きましたが、季節の変わり目である節分には邪気がやってくる。その邪気を形としてあらわしたものが鬼ということなんです。

 

鬼という言葉が作られたのは、

「いない」

「おぬ」

「おに」

と、言葉が変わってきたものでして、本来は姿が無い存在なワケです。

 

私たちが鬼と聞いて思い浮かぶ、でっぷりと太って、ものすっごい腕っ節をして、ふっとい金棒を持って、角が二本ばちこ~んと付いている鬼。

086428

あれは勝手に人間が想像したものでして。ま、これは当たり前といえば当たり前なんですが(笑)だから鬼というのは姿が見えないもの、本来は存在が無いものなので、節分にやってくるのは「邪気」がやってくるとだけ考えてもよいのです。

 

「邪気は~外、福は~内」でも本来はいいはずなんです(笑)

 

でも、「鬼」という形にしたほうが、敵としてわかりやすく明確になるので、そういう風に現代まで伝わってきたということですね。

 

スポンサードリンク

 

で、なんで豆なんだろう?

 

これには本当にいろんな説があります。その中でも、

「悪魔を滅する」

「魔を滅する」

「魔滅」

「まめ」

というのが一番ポピュラーな説となっていますね。悪魔(鬼)を滅亡させるという意味ですね。

 

あと、本来は煎った豆を投げるのが正しいんだそうです。熱い豆のほうが普通の豆よりも破壊力は当然増しますから。

 

あっつあつの豆を投げつけたら、そら鬼だって逃げますわなぁ(笑)だから正しく豆まきをしたい方は手のヤケド覚悟でやる必要があるわけです。まずは、自分の手で豆を掴まないとダメなので(笑)

 

鬼はやってくるもの?それとも・・・

 

冒頭でも書かせていただきましたが、鬼が家にいるから追い出すのか?or節分の日に鬼がやってくるから追い返すのか?という問題なんですが・・・

 

私はこう考えます。鬼という名の邪気は外からやってくるのは当然ではあるのですが、人間の中にも邪気というのは存在するのではないかと。

 

これはとある説なのですが

・赤い色の鬼は「強欲

・黄色は「甘え

・青色は「憤り

・緑色は「不養生

・黒色は「不平不満

を意味すると言われています。

 

これらが人の中にある邪気として存在していると考えられませんか?私はこの5つの要素をたくさん持っていますので凄くわかるんですが(笑)

 

外から来る邪気と自分の内なる邪気を追い払おう!そして、福を家の中だけでなく、自分の内にも入れよう!

 

それが「鬼は外~福は内~」という決まり文句になっていったんだと思われます。

 

そう考えると、なにげなく何も考えずに子供の時は言っていたフレーズですが、結構深い意味があると言えるでしょうね。

 

まとめ

 

まとめますと節分における鬼の意味は・・・

・節分の日は季節の変わり目なので邪気が襲いやすい

・邪気を形にしたものが鬼になった

・外から来る鬼(邪気)と自分の中にある邪気を追い払うために行う

・豆は「魔を滅する」という意味から鬼を退治するのに使われるようになった

・邪気が無くなったところに、福を家の中と自分の中に入れる為に「福は内」と
言うようになった

 

こんな感じにまとめられるのではないでしょうか。これだけ節分と鬼との関係の知識を知っていれば、誰かに質問されてもしっかり答えられると思うので、安心していただいて大丈夫です♪

 

記事を書いているうちに、私もいつもよりも節分と鬼に対して親近感がわいてきました(笑)今年の節分はしっかりと正しく豆をまこうかな!

 

スポンサードリンク

 

<おまけ>興福寺の鬼追い式の話
鬼追い式ってご存知ですか?日本各所で行われていますが、とりわけ有名なのが興福寺の鬼追い式だと思います。2月3日の節分の日に行われる伝統行事なんですが、毘沙門天と鬼が戦い、大黒天様が福を授けてくれて、最後は福豆をまいてくれるというもの。私が子供の頃は毎年参加していましたね~。こういう行事です↓

 

 

<おまけ>興福寺の鬼追い式の話
大人になってから見るとほほえましいものですが、子供の時は、鬼の迫力にかなり怖がってしまって泣いてました(笑)最後のあたりで大黒天様が出てくるのがクライマックスですね!ミス奈良の方も皆さん美人なので男性の方は必見です(笑)

 

せっかくの節分だから、他の知識も仕入れたい!

節分といわしの由来は何?そこには意外な事実があった!

節分と恵方巻きの由来は?いつの間に全国の風習になったのっ

 

コメントを残す