日本のバレンタインの由来は?どこよりも詳しく解説!

256699

2月14日は言わずとしれたバレンタインの日ですね!男性の方は結構ソワソワする日だったりするんじゃないでしょうか?

 

でもどうして日本では、2月14日がバレンタインの日とされていて、女性が男性にチョコを渡すという習慣になっているんでしょうかね?

 

これって日本だけの習慣だっていうのはあなたも聞いたことがあるかと思われますが、ホントのところはどうなんでしょうねぇ。

 

スポンサードリンク

 

そこらへんの由来を今回徹底的にリサーチいたしましたので、是非最後までご覧くださいませ~。

 

バレンタインというのは人の名前?

 

どうやらバレンタインという言葉は人の名前らしいですねぇ。その人の名前がなんで使われているのでしょうね?それについて徹底リサーチしたところ以下のことがわかりました!

 

ではちょっと昔話風にお話してみますと・・・

256699

むか~しむかし、三世紀頃にキリスト教の聖職者として「ウァレンティヌス」という人がおったそうな。

このウァレンティヌスという人の名前は、「ヴァレンタイン」とも呼ばれていたそうな。

このウァレンティヌスは恋愛の守護聖人として崇(あが)め奉(たてまつ)られていたそうな。

そんなことから彼が亡くなった日である2月14日は恋愛の日として後世まで残ることになったそうな。

 

おしまい。

 

と、まぁすご~く簡単にまとめるとこんな感じです(笑)

 

その恋愛の日である2月14日がバレンタインデーとなって、現代においても慣れしたわれているというワケですね!

 

って、きれいにまとめられると思ったんですが、なんかちょっと雲行きがあやしく
なってきました・・・

 

実はウァレンティヌスなんて人はいなかったという説もあるらしいことがわかったんです!

 

ウァレンティヌスなんて人物はいなかった?

 

実はカトリック教会では、このバレンタインの日を公式に認めていないらしいんですよね。本当に実在していたのなら、正式な日としているはずなんです。

 

また、このウァレンティヌスに関しては、亡くなった年も結構いろんな説があったり、いろんな細かいところが色々食い違っていたりして、実際この人は存在していなかったんじゃ?なんて説まで出る始末でして・・・。

237643

そりゃ3世紀から現代まで話が語り継がれていくわけですから、いろんな話が肉付けされていって神話化されていくっていうのはよくある話ですからねえ。

 

日本人は結構変なノリがあって、クリスマスとかハロウィンとか由来はよくわかんないけど、乗っかって、はしゃげばいいじゃん!ていうところありますからね(笑)

 

スポンサードリンク

 

だから単純に私たちは「2月14日はバレンタインデー!女子が男子にチョコを渡す日!キャハ!」って思っておけばOKなんじゃないかなと思うのです(笑)

 

どうしてチョコを贈るようになったの?

 

どうしてチョコをバレンタインの日に贈るようになったのか?これはもうあなたもご存知だろうかと思いますが、単なる日本の企業の策略です(笑)

 

節分に恵方巻きを食べる、クリスマスにケーキを食べるなどなど・・・これらと同じように、バレンタインデーにはチョコを贈るという習慣を企業が作り出すことに成功したわけですね。

 

じゃあどこの企業が一番先にやり始めたのか?という疑問がわいてくると思います。実はこれにも諸説ありまして、ざっとまとめるとこれだけあります。

 

神戸のモロゾフ製菓がバレンタインにはチョコを贈ろうという広告を新聞で初めて出した。

森永製菓も同じく新聞広告でチョコの広告を出した。

伊勢丹新宿がバレンタインのキャンペーンを始めた。

ソニープラザがバレンタインを流行させることに成功した。

・最初にチョコを贈ることを考案したのは大田区の製菓会社メリーチョコレートカムパニーある。

 

これだけでの説がありまして、どこが一番か?ということは現在でも明確にはなっていないようですね。

 

しかし、現代になってもこれだけこの文化が定着しているということは、その間にもかなりの企業努力があったんじゃないかなといますね。日本の企業の凄い所だと思います!

 

 

日本のバレンタインはやっぱり独得?

 

日本は他の国の文化を自分のものにするのが本当にお得意ですから、当然、バレンタインも日本独自の発展をとげているわけです。

 

ざっと他の国との違いをまとめてみますと・・・

 

<海外では>

・女性から男性に贈るとは限られていない

・恋愛の表現として贈るとは限られていない

・贈るものはチョコに限られていない

・職場などで贈る習慣は無い

 

こんな感じで、やっぱり日本とはかなりの違いがありますな。とはいいつつ、最近の日本もあなたもご存知のように傾向が変わってきていますよね。

 

<最近の日本では>

・男性から女性に贈る逆チョコが流行りだしている

・恋愛対象の人だけでなく、友達同士や自分に対しても贈っている

・贈るものはチョコに限らず、他のお菓子や商品も贈っている

・職場で贈る習慣は・・・相変わらず存在する(笑)

 

って感じで時代の変化とともに変化してきていますよね。もうこうなったらなんでもありって感じになってますよね・・・日本人の節操の無さが感じられます(笑)

 

まとめ

 

ということで日本のバレンタインデーの由来をまとめますと

 

・聖職者ウァレンティヌスが恋愛の守護聖人だったので、彼の亡くなった2月14日が恋愛の日となりバレンタインデーとなった。

・日本でのチョコを渡す習慣は、各企業が作り出した販売戦略であって、チョコとウァレンティヌスに関係は全く無い。

・日本のバレンタインは他の国のそれといろんな面で違いがあり、ある種ガラパゴス化している。

 

と、簡単にまとめますとこんな感じになるのではないでしょうか。日本のバレンタインデーもさっきも書きましたように、時代が経つにつれてどんどん変化していっています。

 

あと10年もすれば、「チョコを渡すのは男性から」というのが当たり前の時代に変わっているのではないかと私は推論します(笑)結局、モーションを起こさないといけないのは、今も昔も男からですからね(泣)

 

さ~今年のバレンタインは何個チョコがもらえるんだろうな~?も~義理でも友チョコでもなんでもいいからちょうだい!(笑)

 

スポンサードリンク

 

海外から見た日本のバレンタインデーは?
日本のバレンタインはどうやら他の国とは違うらしいぞというのはなんとなく知ったりしていましたが、実際に海外ではどのように報道されていたりするのでしょうかね?そんな疑問に応えてくれる動画がありましたので、ちょっとご覧になってみてください!

 

 

海外から見た日本のバレンタインデーは?
いかがでしたか?やっぱりかなりの驚きを持ってニュースで伝えられているのがわかりますよね。女性が男性に贈る事、好きな人だけじゃなく、友達や仕事の同僚に対しても贈ることなんかが驚かれているみたいです。義理チョコや友チョコも今は日本だけの風習かもしれませんが、そのうち海外でも流行るにようになるかもしれないですね(笑)

 

 

コメントを残す