日本の建国記念日の由来は?なぜ2月11日なの?

101166

日本の建国記念日について深く考えたことってありますか?正直に言いましょう。私は今まで考えたことがありませんでした(笑)

 

学生の時は「建国記念日?祝日だ~やった~」ぐらいの意識しか持っておりませんでした。しかし大人になってみて改めて思ったんです。なぜこの日なんだろうと。

 

どうして日本は2月11日が建国記念日なんだ?」「そもそも建国記念ってなんだ?」そんな疑問がフツフツとわいてきたんであります。

 

スポンサードリンク

 

その謎を解き明かすべく徹底的にリサーチしてみましたので、ご興味ある方(無い方も)!ちょっと最後までご覧になってくださいな。

建国の定義とは?

 

まずもって考えることは「建国」とはなんぞや?ということ。で、調べると建国の定義はこんな風に書かれてありました。

 

国家の基礎が確立して主権国家として体(てい)を成(な)すこと

 

一番最初の「体(てい)を成(な)す」は「まとまった形に整う」という意味になりますね。

 

そうしますと、建国記念日というのは、「集団の基礎が固まって、国として一つの形にまとめることができたお祝いの日」とでも言い直せるでしょうか。

 

で、日本の場合はその日が2月11日であったということなんですね。

 

なぜ2月11日なんだろう?

 

101166

当然の疑問として出てくるのが「なぜこの日なのか?」ということ。

 

これについては、はるか昔、初代天皇である神武天皇が即位した日が2月11日だったので、この日を「紀元節」と呼ばれるようになり、建国記念の日になったという説が一番有力なようですね。

 

この「紀元」の意味は歴史が始まる最初の日という意味があるんです。つまり紀元節であるこの日に日本の歴史がスタートしたという意味が込められているんですね。

 

で、このなぜ「2月11日なのか問題」なのですがこれが結構ややこしいのです・・・なのでものすごく簡単にまとめてみるとこうなります。

 

本来なら紀元節は縁起の良い元旦になるはずだった。

しかし、明治時代に日本のいろんな記念日を西洋の暦によって換算されるのが好まれた。

西洋の暦で換算すると神武天皇が天皇になった元旦の日が2月11日だった。

そして、明治時代に2月11日が紀元節に制定された。

 

ざっと流れはこんな感じになります。本当は建国記念日は元旦になっていたかもしれないという衝撃の事実があったわけですね。

 

紀元節はいったん廃止にされた?

 

efb6225c01c6ddf6988ca9def5df6f08_m

こんな感じの経緯で制定された紀元節だったのですが、実は一回廃止になってしまいました。その原因は「戦争」です。

 

日本がアメリカとの戦争に敗れ、マッカーサーが統治し始めたころに、この紀元節が槍玉(やりだま)にあげられたのです。

 

その理由は、紀元節があることで、民衆が天皇に対しての忠誠をさらに尽くすようになり、再びアメリカの脅威となってしまうのではないかというものでした。

 

紀元節一つでそこまで民衆の気持ちが大きく変わるものかどうかという疑問がありますが、その当時はやはりアメリカも日本国民の天皇に対する忠誠をかなり恐れていたんでしょうね。

 

紀元節の復活!

 

Print

いったん廃止された紀元節ではありますが、戦後の国民の建国記念に対する思いが強くなり、世論の後押しを受けて、再度、紀元節が復活することになったのです。

 

そして、紀元節の復活には、当時の野党からの反対があったりして色々問題にはなったのですが、結局は、紀元節は建国記念の日という風に改正されて、日本の祝日になったというわけですね。

 

1967年から2月11日を祝日にすることがスタートされたわけですが、今だに、日本の正確な建国の日ではないのになぜ祝日にするのかといった反対意見も多くあげられているというのも事実としてあるようですね。

 

スポンサードリンク

 

「建国記念の日」は「建国記念日」ではない??

 

030832

さきほども書いたように、実際に2月11日が日本が建国された日という証拠があるわけではないという反対意見も多くあります。

 

ですのでこの日は、あくまで日本が建国されたという事実を祝う日という位置づけになっているようです。

 

なので2月11日は正確には「建国記念日」ではなく、「建国記念の日」というのが正しいといっていいのかもしれませんね。

 

 

神武天皇は本当に存在した人物なのか?

 

プリント

こんなこと今さら言うなよ!と怒られそうですが、神武天皇は本当に実在した人物なのでしょうか?

 

実は歴史学の観点からすると、神武天皇という人はあくまで日本が作られる過程においての神話の中の人物とされているのが有力な説なんです!

 

そりゃ確かに紀元前頃にいた人物が本当に存在していかいないかなんて誰にもわからないことですからね(笑)

 

ちなみに神武天皇という名称も明治時代につけられた名前です。なので、かなり近代になってから注目された天皇ということになるかもしれないですね。

 

 

まとめ

 

日本の建国記念の日についてまとめてみますとこうなります。

 

 建国記念日というのは、国の基礎が固まって一つにまとまったことを祝う日。

 紀元節(神武天皇が即位した日)が建国記念の日に制定された。

 本来は元旦が紀元節になる予定だった。

 西洋の暦による換算によって、2月11日が紀元節に制定された。

 戦後、紀元節は日本の国威の発揚になることを恐れたアメリカが廃止した。

 国民の気運が高まって、再度、紀元節が復活した。

 1967年の2月11日から建国記念の日と制定されて祝日になった。

 建国記念の日は本来の日本の建国がされた記念日ではない。

 神武天皇も実在していたかどうかはかなり疑わしく、神話上の人物とされている。

 しっかりとした証拠も無く、あいまいに決まった日なので、現在でも反対意見を学者などが多く存在する。

 

普段は普通の祝日としてなんとなく意識していた建国記念の日ですが、今回記事を書くことによって、いろんな経緯があってできた日なのだなあと感心させられました。

 

日本人として生まれてきた以上は知っておくべき知識だと思うので、私もあなたもこの日は、日本の建国について考える良い機会なのではないかと思いますよ!

 

スポンサードリンク

 

建国記念の日といえばコレ!
毎年、建国記念の日に行われる明治神宮のお神輿は迫力満点で凄いですよ!この動画の中でもかなりの迫力が伝わってきますので、是非一度ご覧になってください!

 

 

コメントを残す