がん予防は食べ物で決まる!絶対に知るべき食品はコレ!

日本人の死亡率の一位である「ガン」。やっぱり他人事とは思えない非常に怖い病気ですよね。

 

なんでも、昔に比べてガンの発生率は上がってきているとかで、普段は健康だと思っている人にとってもまったく無視できない病気であります。

 

かくゆう私もガン予防のために野菜はよく摂取しているほうだとは思うんですが、具体的にもっと、ガン予防に効果のある食べものにはどんなものがあるのかが気になり、徹底的に調査してみることにしました!

 

え!この食べものがガン予防に効果があるの?と驚かれる方もきっといると思いますが、本当に効果があるものばかりご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

キノコはがん予防に効果あり!

4c5f68051a16923fd57cfbc81be65de8_m

 シイタケ、エノキタケだったり、キノコ類には免疫性を上げ、がん細胞の上昇をセーブするβグルカンという名の物質が入っているのです。

 シメジ、マイタケ、なめこだったり、ほとんどのキノコには、ほぼ同じの作用が見られます。エノキタケは石突のちょっと上から食することができます。

 

アブラナ科の野菜もガン予防に効果あり!

3bbc32dbad013c66a551673465ed32af_m

 ブロッコリー、大根、わさび等といったアブラナ科の野菜とか香辛料の中には、発がん物質の解毒を行なうイソチオシアネート(ピリッと感じる辛味成分のもと)が豊富に加わっているのです。発がん防止効果の高い、わさびもいただきましょう。

 

ニンニクやニラの臭いでがん予防!

480647a3062f54d4f6702f1e625a6cf4_m

 ニンニク、タマネギ、ニラ等といったユリ科の野菜については、特徴的なツンとくる臭いがありますけれど、その元はイオウ化合物。抗酸化活動または血液をサラサラに変える効果と一緒に、発がん防止効果も存在するのです。

 生のまま食べることより、少しの時間、油によって火通しするなどさせたほうが、格段に作用がアップします。

 

カロチノイドにも強力な効果が!

8d3b050603a7c7d586047937fbafe42a_m

 βカロチンとして結構耳にするカロチノイドも、がん予防作用があることで有名です。

 カロチノイドはこの他には、白内障とか冠状動脈疾患の予防、心臓発作の予防にだってなると考えられます。トマト、ピーマン、シシトウ等にたくさん加わっているのです。

 

カロチノイドとは何?
カロチノイドは、細胞の代役として自らが酸化してくれる物質(酸化代謝物質)、すなわち老化を食い止めてくれる物質で、活性酸素を退治して、がんの発生あるいは進行をセーブするわけです。緑黄色野菜であるとかフルーツにたっぷり加わっています。

 

スポンサードリンク

 

かんきつ類、ベリー類もがん予防になる!

49923ac4e3e67cd725e5c7c99194b549_m

 ミカン、オレンジ、レモン、グレープフルーツ、イチゴ、ブルーベリー等にたくさん加わっているビタミンCとかフラボノイド(ポリフェノール)、カロチノイドにおいては抗酸化作用が存在します。

 これらはがん細胞に対する免疫力を上昇させる事が評価されています。

 発がん防止に優れた温州ミカンに入っているβクリプトキサンチンは、肝臓の活動に効果的な影響もあるといわれています。

 

海藻類もしっかり摂取してがん予防!

4a5655eba9202194353bfecd501aca5e_m

 ワカメ、昆布、ノリ、ヒジキ、モズク等といった海藻類にもがんの予防効果があげられます。

 海藻類のぬめりのもととなっているフコイダンの中には、がんの発生を食い止める効果が存在しています。

 ノリ等といった紅裳類には、ニンジンの何倍ものβカロチンが入っていて、これもがんを食い止める効き目があることで話題を集めるようになりました。

 

豆類を摂取して発ガンを抑制!

c5867c7df7f12ead1d596aea81f02696_m

 ダイズ、ソラマメ、サヤエンドウ、サヤインゲン、グリーンピース等といったマメ科の植物には、抗酸化機能と女性ホルモン機能を持つイソフラボン(フラボノイド)がたくさん加わっており、乳がんだったり子宮がんなどを防いでくれます。

 ダイズには、サポニン、オリゴ糖、あるいは若返りのビタミンと言われるビタミンEも加わっているのです。

 

実は香辛料にもがん予防効果がある!

0a8e9f57c92b72fd7c93895c5cc0d2bb_m

 ショウガ、青ジソ、ミョウガ、バジル、ターメリックといった香辛料にも、がんを予防する効果が存在します。

 香辛料の仲間には、抗酸化機能が備わったポリフェノール、あるいは香り成分のテルペンがたくさん入っていて、発がん物質の活性化を防いでもらえます。

 ターメリックはカレーの香辛料で、その中の主原料で黄色の色素成分でもあるクルクミンに、がん予防の効果が存在します。

 

これら以外の発がん防止食品は?

ad2f68d8b5bf151434c1b4b5049942b7_m

 ゴボウ、フキ、レタス、サラダナ、シュンギクといったキク科の植物も、繊維質非常に多くて、大腸がん等の予防効果があげられます。

 キュウリだったりゴーヤと同一のウリ科のカボチャにおいても、活性酸素を減らして、発がんを食い止める機能が存在します。

 

まとめ

384e6f4319c77d71f263a18cb0dc5d43_m

 

このようにガン予防に適した食べものは沢山あります!やはりガン予防に一番最適なことというのは、好き嫌いなく毎日の食生活をバランスよく食べるというのがベストなようですね!

 

この記事を参考にして、是非あなたの今までの食生活を見直し、がん予防に効果のあるこれらの食べものをたくさん摂取していただきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

<おまけ>逆にガンになりやすいものは?
こちらの動画では、逆にがんになりやすいものを紹介していくれています。がん予防の為にも、私の記事と合わせて是非ご覧になっていただきたいですね!私も非常に参考になりましたから。あなたにも必ず役立つ動画だと思われます!

 

 

コメントを残す