そば打ち職人高橋邦弘とは?広島翁達磨はどんな味?動画あり!

高橋邦弘

そば打ち職人の高橋邦弘さんは、そば打ちの神様と
慕われていて大変話題になっているようですね。

 

 

 

高橋邦弘

 

 

 

そば打ちの神様と言われるのはどうしてなんでしょうか?

 

 
よほど美味しいそばを打つんでしょうかね?

 

 
今回は動画も交えて、そば打ちの天才と言われる
高橋邦弘さんを調べてみました。

 

スポンサードリンク



 
・高橋さんの現在までの道のり

 

 
そば打ちの天才と言われている高橋邦弘さんは
年齢は68才のようです。

 

 
高橋さんは、若い頃は職を転々とする毎日だった
ようで、そばを本格的に打ち始めたのはかなり
経ってからで、遅咲きのそば打ち職人といえますね。

 

 

しかし、天性のそば打ちの名人である高橋さんは、
東京において繁盛店を作ることに成功しました。

 

 
しかし、そこで満足することなく、東京から
地方の山梨や広島に移転して、一から現在の店を
作り上げたようです。

 

 

 

高橋邦弘

 

 

 

 

ここまでだけでも高橋さんはかなり異色の人生を
歩んでいると言えますね。

 

 
高橋さんは自分のそば打ちのテクニックを後世に
伝えるために、お弟子さんたちもたくさん育てて、
そば文化の発展に努めているようですね。

 

 
普通天才とか、名人と呼ばれる人は難しい気質の方が
多いようですが、高橋さんはとても温かな人柄で、
非常に好感が持てる方のようですね。

 

 

 

 

高橋邦弘

 

 
・広島にある翁達磨 雪花山房の味は?

 

スポンサードリンク



 
これだけのそば名人と言われる高橋さんのそばを
やっぱり味わってみたいですよね。

 

 

 

 

高橋さんのお店「翁達磨雪花山房」は
広島市から北へ、車で約1時間走ったあたりの
中国山地の麓に位置するところにあります。

 

 

 

高橋邦弘

 

 

 

メニューは、ざる700円のみしかありません。

 

 

 

 

これ以上のものはいらないという高橋さんの
自信がうがかえますよね。

 

 
やはりそばの美しさが他の店のそれとは
全く違って驚かされますね。

 

 

 

高橋邦弘

 

 

 

 

とてもきれいな色をしていると思います。

 

 

 

 

そば粉は北海道産を使用しているらしく、
とても良い香りがします。

 

 
つゆにつけずに、そばだけを食べてもとても
甘くて美味しく、雑味みたいなものが全くと
言っていいほど無かったです。

 

 
つゆはかなり濃い目のものを使っていて、
少しつけて食べるのが流儀といってもよいかも
しれません。

 

 
ここのそばはとても軽いものなので、一枚と
言わず二枚、三枚と食べられますね。

 

 

 

 

とても山奥にあるお店なので、行くのに大変では
ありますが、苦労しても行くべき店であることは
確かだと思います。

 

 

 

高橋邦弘

 

 

 

 

実際に高橋さんはどんな風にそばを打っているのでしょうか?
動画があるので見てみましょう。

 

 

 

 

何か見入ってしまいますね(笑)
やはり名人と言われるだけあって、
動作に全く無駄がありません。

 

 

 

 

高橋邦弘

 

 

 

 

みなさんにも是非、高橋さんが打ったそばを
食べていただきたいと思います!

 

スポンサードリンク



コメントを残す