花祭りで甘茶をお釈迦様にかける由来は?どこよりも詳しく!

四月八日は花祭りですね!この花祭りの日は、お釈迦様の生まれた日を祝う日となります。

 

私はこの花祭りには残念ながら参加したことがないのですが、どうもこの行事には「甘茶」が欠かせないということがわかったんです!

 

どうしてお釈迦様の誕生の日に甘茶が関係しているのか?ちょっとそれが気になってしまったので、徹底リサーチしてみることにしました!

 

同じような疑問を持っている方になるほど!と思ってもらえる記事の内容になっていますので、絶対に最後までご覧になってくださいね!

 

スポンサードリンク

 

甘茶をお釈迦様の頭にかけた!?

142916

花祭りの日は、いろんな寺院において、お釈迦様の像の上から甘茶をかけるという行事であります。

 

なぜ、お釈迦様に甘茶をかけるのでしょうかね?

 

それについてはこんな言い伝えがあります。

 

 お釈迦様が誕生した際に、天から九頭の龍が降りてきた。

 そして、お釈迦様の頭の上から甘露(かんろ)をかけた。

 その甘露は産湯として使われたという故事がある。

 

甘露というのは、中国において古(いにしえ)からの言い伝えとして、天地陰陽の気が反応した時に天から落ちてくる甘い液体のことを意味しているんですね。

 

つまりこの甘茶は甘露の代わりとしてのものなんですね。そしてあの甘茶は、お釈迦様にとっての産湯ということになるのです。

 

ただ単にお釈迦様に意味もなく、甘茶をかける行事では無いということですね(笑)

 

スポンサードリンク

 

灌仏会とは何?

139749

こういった言い伝えから、寺院において当日、バラエティに富んだ花によって飾り付けた花御堂にお釈迦様の誕生仏の像を備え、ひしゃくを使って甘茶を、それの頭の上にかけてお祈りを行なう「灌仏会」が開催されるのです。

 

皆さん、こんな感じでお釈迦様に甘茶をかけていますね!

 

 

誕生仏については、お釈迦様が誕生した際の様子を模した像。天上天下唯我独尊と唱えて、右手で天を、左手で地を指し示しているお姿となります。

 

このような誕生仏を花御堂に安置を行うことより、花祭りと言われているわけです。こちらで言われる「甘茶」というのは、アマチャヅルを煎じた飲み物を示します。

 

この甘茶ですが、以下のようないろいろな効能があると言い伝えられています!

 

 甘茶を口にすると健康で暮らせると考えられていることから、持って帰宅する方もいる。

 甘茶を使って墨をすって字を記すと、字がきれいになると考えられている。

 その墨を使って「千早振る卯月八日よ、厠の虫よ、上にあがるな」と記してトイレの天井に貼り付ける、または「千早振る卯月八日の吉日よ、紙下げ虫を成敗ぞする」と記す。

 そしてトイレまたはキッチンに逆さまにくっ付けると、虫よけになる。「紙下げ虫」という意味は、おトイレにわくウジ虫のこと。

 甘茶を目につけると目が改善されるとも伝えられている。

 

この灌仏会は仏教の宗派には左右されずに、どちらの寺院においても実施されるので、お寺が管理している保育園とか幼稚園であったら、園児らも、お釈迦様に甘茶をかけたりするんですよ。

 

東京・浅草の浅草寺とか文京区の護国寺等、花祭りの日に稚児装束を着たお子さん達がねり歩く「稚児行列」を行う地域も存在するんです。

 

こちらの動画は、沖縄長谷寺の花祭りでの稚児行列の様子ですね!着飾った子供たちがとっても可愛らしいです!

 

 

まとめ

017601

いかがだったでしょうか?花祭りは灌仏会の別名でして、同じものを指すので注意してくださいね!

 

この花祭りの素晴らしいところは、宗派を問わずに行われるということだと思います!仏教を生み出したお釈迦様もこの日はニンマリと微笑んでいらっしゃるのではないかなぁ。

 

是非あなたも今回の花祭りに参加して、甘茶を持って返ってみて、その効能を試してくださいね!あくまで言い伝えなのでその効果の保証はできませんが(笑)なんらかのご加護はあると私は信じています!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す