洗濯物の干し方の基本は?コレでシワも乾きもメチャ変わる!

洗濯物の干し方って結構あやふやにやっていたりしませんか?誰からも教わることなくテキトーにやっている人が圧倒的多数ではないでしょうか?

 

かくゆう私もそうでして、なので、本当に正しい洗濯物の干し方の基本を学ぼうと思いました!

 

ということで今回の記事では、その洗濯物の干し方の基本を徹底的にリサーチし、またさらに基本にひと工夫を加えたテクニックもご紹介したいと思います!

 

洗濯物の効率的な干し方がいまいちわかっていないというあなたにとっては、とても有効な内容になっていますので、かならずチェックしておいてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

シワはこうしたら防げる!

2e0be1386bcce24e6c9f7878e2b0e6fb_m

 洗濯物を干すより先にシワを広げておく事がいい感じに仕上げるキモとなります。

 際立つシワが見られるケースでは、少し振りさばいてシワを広げてから干すように心掛けましょう。

 わずかなシワに関しては、洗濯物をたたんで、手のひらを使ってパンパンと叩いてシワを広げてから干しましょう。

 

厚手と薄手を交互に干す!

abf8022bedb2fb0ebb0d3fb608285d97_m

 洗濯物を並べて干すケースでは、厚手の物と薄手の物とを代わる代わる干すと、空気の通りが向上し、乾きやすくなるのです。

 毛布であったり厚手の洗濯物を竿に干すケースでは、斜めに干してみてください。下がっている先端に水が集まって下にしたたるから、スピーディーに水分が飛びます。

 

外側に短いもの、内側に長いもの!

0253abf066b1252b1a8ec4da2f5ee08c_m

 ピンチハンガーに洗濯物を干すケースでは、靴下とかハンドタオルだったり短い物を外の方に、タオル等長い物を内の方に干す感じに心掛けましょう。

 このようにすれば、内の方の洗濯物にも風が効果的に通って、スピーディーに乾燥させる事が可能です。

 

シャツを逆さに干す?

ce906496592a2f23804a438fc7eb661a_m

 糊づけされたシャツを逆さに干すと、のりが混ざった水が襟であったり袖に集まってパリパリにすることができます。

 取り込んだ後のアイロンがけ抜きで、すぐさま着る事が可能です。

 

ハンカチはたたんで干す!
ハンカチをタテに二つ折にたたんで、シワを広げて干したら、アイロンがけをしなくても大丈夫です。ハンカチの布は薄いから、たたんで干したとしても、スピーディーに水分が飛びますよ。

 

スポンサードリンク

 

室内干しには新聞紙と扇風機を!

fd47a008c0d769bf8641eb7c443e6646_m

 洗濯物を部屋干しするケースでは、下に新聞紙をクシャクシャに丸めて備えておいた方が良いでしょう。新聞紙が湿気を吸収することで、除湿機を使わなくても大丈夫です。

 扇風機の風が洗濯物に当たる感じに置けば、かなりスピーディーに乾かす事が可能です。

 

セーターは平干しで!

cfdc1815e8ff3c04526093c1c1ccfa8e_m

 ウールとかカシミヤ等といったセーターは、カタチを綺麗にし、平面的な場所に干すと型がおかしくなる不安は無いでしょう。

 平面的な場所が存在しないケースでは、カゴ等に入れてピンチハンガーにヒモを使って下げたり、大型の洗濯ネットにたたんで入れてピンチハンガーにつるすと役立つでしょう。

 直射日光を回避して、風の通過するエリアに陰干しをするようにしましょう。

 

ジーンズは筒状にして陰干し!

7214c6f8c245deef8ce05ded0618c3cd_m

 ジーンズは裏返して、少し叩いてシワを広げてから、ウエスト部分が筒状になる感じに干した方が良いでしょう。

 直射日光があたると色落ちとか変色しますから、風通しの優れた所で陰干しをしてください。

 

バスタオルをふっくらに仕上げる!

58543632e2c15d9d1b492aca88ef0c5c_m

 脱水させたバスタオルを半分にたたんで、折り目の片側を指で掴んでクルクル5から6回ぐらい回しましょう。

 それに加えて折り目の反対側を指で掴んで、もう一回5から6回ぐらいクルクル回しましょう。脱水機によって寝てしまったタオルのパイルが、回転させることで立ち上がり、ふんわり乾燥させることができます。

 

まとめ

 

今回の記事をまとめますと・・・

 

 干す前に大きなシワがある時は、軽く振りさばく。

 小さなシワの場合は、手でパンパンと叩いてシワを伸ばす。

 厚手と薄手の物を交互に干すと、風通しが良くなり乾きやすい。

 ピンチハンガーは、外側に短いもの、内側に長いものを干すと乾きやすい。

 毛布などの厚手のものは斜めに干すと、水分が乾きやすい。

 糊付けしたシャツは逆さに干すと、パリッと仕上がってくれる。

 部屋干しの時は、下にクシャクシャの新聞を置くと除湿の必要が無くなる。

 セーターは平らな場所で干すと型が崩れない。

 平らな場所が無ければピンチハンガーを使う。

 ジーンズは裏返して、ウエスト部分を筒状にして干す。

 脱水したバスタオルをグルグル回すとふっくらと乾く。

 

いかがだったでしょうか?洋服は干し方一つで、その服が長持ちできるかが決まったりするので、結構重要だったりします。

 

シャツもこの記事の通りに干してもらえれば、アイロンがけの必要も無くなりますし、しっかりと実践して、余計な手間をかけずに洗濯をするようにしていきましょうね!

 

少しでも洗濯の時間を減らして、自分の時間に費やすようにしていきたいものですね!(自戒の念を込めて笑)

 

スポンサードリンク

 

これで洗濯物が即効で乾く!
この動画をご覧ください!このやり方はグルグル回すというのは、今回の記事でも書いていますが、それ以降は私も知らない方法でした。ハンガーのあんな使い方があったなんて・・・とにかく見てもらえれば、絶対に感心してもらえると思いますので、是非ご覧になってくださいね!

 

 

コメントを残す