ジューンブライドの意味と由来は?そこには意外な事実が!

9406d71785c65f72a670f5bc1c0b1f41_m

結婚の神様に祝福してもらえるといった言い伝えから、6月に結婚式を行なうジューンブライドは、結婚する人たちにとっては憧れだったりしますよね。

 

とくに、女性は6月に結婚したいという考えを持っている人がとても多いらしいので、どこの結婚式場でもなかなか式場の予約を取るのが難しい月だったりしますよね。

 

でも、なぜこの6月に結婚すると幸福になるといわれるようになったのでしょうかね?

 

そんな感じにふと疑問に思った結婚もしていない私(笑)が、ジューンブライドの意味や由来を徹底リサーチしてみることにしました!

 

結婚式にまつわるジンクスなんかも併せてご紹介していますので、是非最後までご覧になっていただければ嬉しく思います!

 

スポンサードリンク

 

ジューンブライドの由来には3つの説がある?

9406d71785c65f72a670f5bc1c0b1f41_m

ジューンブライドの由来は欧米から伝わってきたものというのは、だいたいの方がおわかりだと思います。

 

そして、その意味や由来については諸説ありまして、だいたい下記に挙げる3つに絞られるようですね。

 

 

 アメリカやヨーロッパでは、「六月に結婚式を行なうと幸せになれる」と考えられています。六月の言葉のルーツと見なされるギリシャ神話の女神ヘラ(英語名「Juno」)が、結婚をつかさどる神様であったこともあって、六月が結婚に望ましいと伝えられたわけであります。

 

 以前のヨーロッパにおいては、三月から五月は、農作業が多忙なこともあって結婚式を行ってはいけないといった結婚禁止令が出されていたそうです。ということで、そのことが解禁となる六月に結婚を行なう方が沢山いたと言われています。

 

 ヨーロッパの六月は長い期間の冬が明けて、花が咲き始める非常に心地よいシーズン。結婚式を行うのにバッチリということもあります。

 

 

日本でどうしてジューンブライドが広まったの?

55c27e91661f149b96c97ae5ee41ddcc_m

欧米でのジューンブライドの由来はわかりましたが、ではどうして日本でもその習わしが広まったのでしょうか?

 

これには結構意外な意味がありました!言ってみれば、「土用の丑の日」を生み出した意味合いに似たものがあるのです。

 

どういうことかといいますと、「土用の丑の日」ってウナギを食べるようにすると決められたのは、ウナギ屋に頼まれて、平賀源内が考え出したものというのは結構有名なお話ですよね?

 

なぜ「土用の丑の日」にウナギを食べる習慣にしようとしたのかといえば、ちょうどウナギの脂のノリが悪くなり、味が良くない時期で、お客があまり来なかったからなんです。

 

よく「土用の丑の日」に食べるウナギが一番美味しいんだと勘違いされている方がいますが、実はその逆で、一番ウナギが美味しくない時期が「土用の丑の日」なんです。

 

そこで日本でのジューンブライドの意味になってくるのですが、日本で6月といえば、いうまでもなく梅雨のシーズンですね?

 

ジューンブライドという習わしが定着する以前の日本では、そんなうっとおしい梅雨のシーズンに結婚式をあげたがる人たちなんていなかったわけです。

 

そういった理由から、どうにかして6月にも結婚式をあげてほしいという業界の願いから、欧米のジューンブライドの習わしを巧妙に導入したといわれています。

 

要は結婚業界の策略?とまで言ってもいいのかどうかわかりませんが、欧米のジューンブライドの伝統は、日本の結婚業界にとってはちょうどいい習わしだったんじゃないでしょうかね。

 

スポンサードリンク

 

日本にも独特の結婚式の風習がある!

4ef20943465394f2d2f66a09b85a594f_m

欧米にはジューンブライドの風習がありますが、実は日本国内にも、それぞれの地域独自のおめでたい結婚式の習わしが存在していたりするんです!

 

 おいり
香川県または愛媛県であれば、おいりという名の餅米から作られたカラフルな餅菓子(あられ)を嫁入り道具と一緒に持って行きます。「気持ちを丸くして、まめまめしく働く」といった主旨を持っているのだそう。

 

 かまぼこ
富山県であれば、引き出物として細いかまぼこが仕度されます。鯛であるとか鶴亀、あるいは松竹梅等おめでたいものの型を模した加工かまぼこは、職人が一つ一つお手製で作っている、富山県の名物料理となります。さらには、披露宴のメニューを持ち帰ったり、引き出物を近隣にお裾分けすることによって、福を分配する習わしも存在するんだそうです。

 

 おちつき
岩手県においては、結婚式披露宴の正式な膳より先に、餅またはソバをいただく習わしが存在します。これらをいただいて気持ちを楽にするということだと言われています。

 

 お地蔵様
広島県においては、結婚式場に、お嫁さんがおうちから動かないといった意図をこめて、お地蔵様を設置するのだそうですね。

 

 

知っておきたい幸福な結婚を行うためのジンクス!

bd46c0d0686f9d849f1a44f3cdecaa48_m

結婚式にはジンクスというものがあるのはご存知でしょうか?有名なところでは、ブーケトスやライスシャワーなんかがありますが、もっとたくさんのジンクスが存在してるんです!

 

なので、これから結婚を考えていたりする方のために、そのようなハッピーになるジンクスをご紹介しておきたいと思います!

 

 サムシングニュー
何か1つまっさらな物を揃える。手袋等白い物であることが少なくない。

 サムシングオールド
昔から伝わっている物を何か1つ。祖母であったり母から譲り受けた物であることが少なくない。

 サムシングボロー
借りた物を何か1つ。前から結婚していてハッピーな周りの人から何かを貸してもらう。ハンカチだったりアクセサリーが少なくない。

 サムシングブルー
青い物を何か1つ。青は聖母マリアの象徴となる色で、純潔を意味する。人の目にとまらない部分につける。

 シックスペンス
イギリスにおいては結婚式その日の内に、新婦の左の靴の間に6ペンスコインを入れておいたら、経済的に豊かに生活を送れると見なされている。近年はこのシックスペンスのコインは出回っていないから、調達がかなり困難だと言われている。

 ラッキービーンズ
イギリスにおいては、ウェディングケーキの間にいんげん豆を加えておく。引き当てた方はハッピーになれる。

 ファーストバイト
結婚して最初の食事を、新郎新婦が相互に食べさせ合う。新郎は永遠に食べることに苦労させない、新婦は常に美味なお料理を作ってあげるといった主旨がある。

 ブーケトス
ブーケの花であるとか小物を取り合わないことを目的にといった防止策と位置付けて開始されたと考えられている。花嫁がブーケを後ろ側に向いて未婚の女性達に放って、それを受け取った女の人はお次に結婚が叶うとされている。

 ライスシャワー
豊穣と発展を望んで二人に参列者がお米を投げる。

 ドラジェ
アーモンドを砂糖によって包んだお菓子のこと。引き出物の定番商品。アーモンドは1つの種から多くの実ができることから子孫繁栄、子宝に恵まれますようにとされる希望がこめられている。

 

まとめ

 

今回の記事をまとめますと・・・

 

 ジューンブライドの由来は、欧州から始まったもの。

 6月の語源である女神ヘラが結婚をつかさどる神だったから。

 昔のヨーロッパは3月から5月は農作業で忙しかったので、6月に結婚する人が多かった。

 ヨーロッパの6月は冬が明けてとてもいい時期だったから。

 日本では梅雨のシーズンで結婚式をあげる人が少なかったので、結婚式場業界がジューンブライドの風習を日本にも導入し、6月に結婚すると幸せになれると宣伝した。

 日本にもその地域独特の結婚式の習わしが存在している。

 幸せな結婚をするためのジンクスは沢山存在している。

 

いかがだったでしょうか?ジューンブライドの意味と由来をおわかりいただけたでしょうか?

 

日本におけるジューンブライドは、梅雨のシーズンに結婚式をやってほしいというブライダル業界の苦肉の策だったという部分もおおいにあるでしょうね(笑)

 

6月に結婚することが幸せになれるかどうか?それはもう人それぞれの考えによるとは思いますが、自分が結婚する際には、あまりシーズンにこだわらなくてもいいのかな?と今回の記事を通して思いました。あなたはどう思われましたか?

 

スポンサードリンク

 

手相占いで結婚できる?
こちらの動画では、結婚や出会いの運勢が上がるシーズンなどを手相によって占ってもらえます!これから結婚を考えている方や少しでも恋愛運を上げたい方にとっては必見の内容になっていると思いますので、ぜひご覧下さいね!

 

 

コメントを残す