七夕の由来と意味は?どうして「たなばた」と言うの?

七月七日は七夕ですよね。織姫と彦星が天の川を渡り、一年に一回、デートが可能な日となります。

 

一年に一回しか会えないなんて本当にかわいそうですよね・・・せめて月に一回くらい会わせてあげればいいのに(笑)そんなことを思った私は、どうしてこの二人はこんな境遇になってしまったのかが段々と気になってきたのであります。

 

なぜ織姫と彦星はこういう運命になってしまったのか?なぜ七月七日を「たなばた」と言うのか?そんなことを今回の記事として徹底的に調査してみました!

 

きっとあなたの知らなかった七夕の由来や意味を楽しく理解してもらえると思いますので、是非最後までご覧くださいませ!

 

スポンサードリンク

 

七夕の由来 織姫と彦星はどうして離れ離れに?

182129

 

織姫と彦星のストーリーは、中国の言い伝えに基づいたお話です。こちらの二人は恋人同士だと考えている方が大部分だと思いますけれど、驚くことに夫婦だったりするんです。ご存知でしたか?

 

そして、この二人が夫婦になったにも関わらず離れ離れになってしまったのは下記のいきさつがあったからなんです・・・。

 

 むかしむかし、天帝と言われるとても偉い人のお子さんで機織り(はたおり)のスペシャリストだった織姫がいました。

 

 その織姫は、天の衣を織る事に手一杯で、身だしなみを調(ととの)える時間も無いくらいでありました。

 

 そのことをかわいそうに思ったお父さんである天帝のススメによって、よく働くと評判の牛飼いの彦星と結ばれました。

 

 けれども、結ばれたとたん、二人の愛が深すぎて、織姫がからっきし機を織らなくなって、彦星も働く気が失せてしまったのです。

 

 そして、そのことに腹を立てた天帝の意向で、天の川のあちら側とこちら側に引き離されてしまいました。

 

 非常に悲しんだ二人をかわいそうに思った天帝は、1年間に一回、七夕の夜の間にのみ、天の川を渡って出会う行為を許すようになりました。

 

おしまい

 

自分が命じたことで、かわいそうに思うのだったら、もっと週一回とかで会わせてやれよと思わずツッコミたくなるのは私だけでしょうか(笑)

 

そんなわけで、年に一回会うことを許されているわけですけれども、雨が降り、天の川が増水してしまうと、二人は出会うことができなかったりします。めちゃかわいそう(笑)

 

そして、リアルな夜空では、織姫はこと座のベガで、彦星はわし座のアルタイルとなります。こちらの2つの星に、はくちょう座のデネブが関わって「夏の大三角形」を形成しています。

 

ベガとアルタイルは、天の川を挟んで対岸に存在します。七夕の日に雨が降ってしまい、出会えない際には、はくちょう座のデネブが二人の橋渡しを行なうらしいです。

 

そう、デネブってめちゃくちゃいい奴なんですよね(笑)ちょっと私はファンになってしまいました。調べますと、デネブはどうやら性別不明だとか・・・う~んなるほど(笑)

 

それに加えて、旧暦の七月七日は、上弦(じょうげん)の月(満月に向かう際の半月で、弓に見立てたときの「弦」にあたる所が上を向いている月)となります。こちらの上弦の月が船になり代わって、二人の橋渡しを行なうといった説もどうやらあるみたいですね。

 

スポンサードリンク

 

七月七日の七夕を「たなばた」と読む意味と由来は?

046776

 

この織姫・彦星伝説とは別に、わが国では昔から「棚機女(たなばたつめ)」と言われる行事が七月七日に行なわれていて、そのことが七夕になっていった行事、という風にも言われているようです。

 

七月七日の七夕を「たなばた」と読むようになったのは、どうやらこの「棚機女」からの由来のようですね。

 

で、「棚機女」についての詳しい部分については諸説存在していますが、おおむね下記のような行ないをしたとのことです。

 

 村から選ばれた女の人が七月六日、水辺の機屋(はたや)に入った。

 その中で、神様が着る為の着物を織って、秋の豊作を祈った。

 次の日の七月七日に、水辺において禊(みそぎ)と言われる川や海の水に浸かりながら体を綺麗にすることで、体を清めた。

 この行ないにより、神様がそこの村に豊穣を招くと考えられていた。

 

どうでしょうか?棚機女の意味と由来も、織姫と彦星の伝説と合わせて知っていると、周りの方に結構トリビアを語れると思いますよ!

 

七夕飾り 短冊に想いを込めます

029984

 

七夕の日においては、願いごとを記した短冊を笹竹に吊るして飾り付けます。短冊の色は赤・青・黄・白の五色。これに関しては、中国の陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)と言われる教えからきています。

 

現在はしてはいけない事と定まっていますが、古くは、笹竹は七夕が済んだら、「天の川に流れ届きますように」とされる願望を込めて川に流されていたのです。

 

そして日本の七夕の三大祭と言われているのは・・・

 

 宮城県の「仙台七夕まつり

 神奈川県平塚市の「湘南ひらつか七夕まつり

 愛知県の「安城七夕まつり

 

であります。

 

平塚の七夕まつりは新暦において、仙台の七夕まつりと安城七夕まつりは旧暦において行なわれております。

 

新暦の七月の場合、悪いことに梅雨のシーズンで雨が降るケースが多いから、織姫と彦星が出会うことができない事が少なくありません。

 

普通の家庭から商店街に及ぶまで、ほぼ三千本と考えられる七夕飾りが街中にあふれている
仙台七夕まつりと、非常に豪華な七夕飾りの平塚の七夕まつりは、とても有名ですよね。

 

安城の七夕まつりは想いをこめてキャンドルを灯してみたり、風船に想いを任せて飛ばしてみたり、お子さん達の想いをこめて短冊を記したり等、「願いごと日本一」を目標にしているようです。

 

七夕は「そうめんの日」でもあるの?その意味と由来

203130

 

それに加えて、七月七日は「そうめんの日」と言われている事を、あなたは知っていますか?

 

平安時代の書物である「延喜式(えんぎしき)」に、「七夕の式事にそうめんが供えられて、そうめんを口にすると深刻な病にならない」と記されていたために、全国乾麺共同組合連合会が「そうめんの日」に設定したらしいです。

 

さらには、七夕の日に「色そうめんを水に浮かべると、手芸が上手くなる」といった習わしも存在します。織姫も棚機女も、どちらも機織りを行なっていた女性なわけですので、この日が手芸にご加護を持つ日とされるのはとても納得できますね。

 

それ以外にも、

 

 七夕の日にずっと、針仕事を行なわないでいると良いことが起こる

 七月七日の夜の間に、月に向けた針の穴に色糸が手際よく通ったら、お裁縫が上手くなる

 七夕の日に、サトイモの葉の上の朝露を顔に塗れば、美人になることができる

 

などの習わしが存在します。

 

まとめ

amanogawa_set

 

いかがだったでしょうか?七月七日は織姫、彦星の日だけでなく、いろんな言い伝えの多い日であったということがご理解いただけたかと思います!

 

それにしてもやっぱり年に一回しか会えないのはかわいそうですね・・・。おそらく、デネブに頼んで二人でこっそりと密会していたり?するんじゃないでしょうか(笑)

 

なんにせよ、七月七日は雨が降ってしまって、二人が出会えなくならないようにお祈りしてあげたいなと素直に私は思いました(笑)

 

スポンサードリンク

 

仙台の七夕まつりの美しさ!
こちらの動画では、仙台の七夕まつりの様子をご覧になることができます!神秘的な音楽と相まって、非常にロマンチックな感じにさせてくれますよ!それにしても本当に美しいと思いますね!この動画を見てしまうと、きっと祭りの頃に仙台に行きたくなること間違いなしだと思います!私も行きたい!(笑)

 

 

コメントを残す