頭痛の治し方はこめかみに湿布すれば効果絶大!

頭痛になると本当に何もやる気が起こらなくなりませんか?私は、人間の苦しみの中でもかなりの高ランクになるものじゃないかなと思ったりします(笑)

 

頭痛というのはいろんな理由があって、コレ!といった特効薬が無かったりしますよね。頭痛専門のお医者とかもあるくらいで、本当に原因は千差万別なんですよね。

 

そんなわけで、少しでも市販の薬に頼らずに頭痛を治したいと思った私は、自然のものでできる頭痛の治し方を徹底的にリサーチしてみました!

 

いずれも自然のものしか使わないので、安心して実践してください。そしてやはり頭痛には、「こめかみ」が重要なポイントとなりますよ!

 

スポンサードリンク

 

梅干しによる頭痛の治し方はこめかみがポイント!

a6c63f72d6b366ddf34e59a657044197_m

 

やや大きい梅干しの果肉をほぐしたものを、ガーゼに塗って、それを両サイドのこめかみに貼りつけると、キツイ痛みを和らげてくれるでしょう。作り方はとっても簡単です!

 

 いくぶん大きい梅干しを準備します。

 梅干の果肉をほぐしてから、ガーゼにぬってください。

 ガーゼを両サイドのこめかみに貼り付けてください。

 

梅干しに加わっているクエン酸が血の流れを良くすることによって、特に緊張型の頭痛(心理的・身体的フラストレーションが原因と考えられている)に実効性があると考えられていますので、是非お試しくださいね!

 

チラミンとは何?
口にするものが要因となって頭痛に見舞われるケースがあります。うまみ調味料あるいは人工甘味料が元であるケース、さらには、「チラミン」という名の成分で生じる時もあります。赤ワイン、チーズ、発酵食品、チョコレート、ハム、ソーセージ等にたくさん加わっているので食べすぎには注意が必要です。

 

ショウガ湿布をこめかみに貼って頭痛を治す!

d7e609b4452e7f2eeb1d4c86ea62c878_m

 

続いてはショウガの湿布も効果がありますのでご紹介しますね!

 

 ショウガをすり下ろす。

 ゴマ油を足して混ぜ込んだものをガーゼに塗る。

 両サイドのこめかみに貼り付ける。

 

ショウガの辛味のもととされる「ジンゲロール」の中には血管を促進させる効果が備わっていると考えられているので、コチラも緊張型頭痛に対して有効性が期待できるでしょう!

 

スポンサードリンク

 

リンゴやタマネギも頭痛を治すのに最適!

eaa93deed4ded8584ba4c016ed53bb26_m

フレッシュなリンゴをいただいたり、タマネギをすり下ろした汁をさかずき1杯くらい飲むことも、頭痛に効き目が見られます。

 

リンゴまたはタマネギの中には、血液を綺麗にサラサラに変える機能が備わっていることから、肩こり等が元凶となる事も少なくない苦しい頭痛を回復させてくれるはずです!

 

まとめ

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_m

 

いかがだったでしょうか?やっぱり「こめかみ」に貼る湿布はかなりの効果を発揮するということがわかりましたよね?

 

実際に私もやってみましたが、直接こめかみに貼ることで、普通の市販の頭痛薬を飲むよりもかなりの効果を実感することができました。

 

やっぱり頭痛にはこめかみが非常にポイントになってくるということですね!それだけじゃなく、リンゴとタマネギのドリンクも効果が絶大ですので、是非お試しになっていただきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

 

こめかみに出る偏頭痛の解消法は?
こちらの動画では、自分一人で簡単にできる偏頭痛の解消法について解説されています。本当に自分でマッサージできて、効果も抜群なので、この動画は見ておいて損は無いと思いますね。実際に私もかなりの効果を実感しました!あなたも是非どうぞ!

 

 

コメントを残す