松代で観光!一番オススメのコースは?動画付き

大坂の陣によって徳川サイドを敵にして尽力を行なったのが戦国武将の真田信繁(幸村)ですよね!

 

その兄の信之が一代目の城主となった松代藩は、真田家が十代の間統治し、真田十万石の城下町という形で繁栄させました。

 

というわけで今回は真田家の歴史に触れながら松代を満喫できる観光のご提案をご紹介したいと思います!

 

スポンサードリンク

 

真田家ゆかりの松代には楽しみがいっぱい!

 

aa778f7fe01ebaafe07911da2d8a693a_m

 

現在でも松代においてはその当時の名残が残存していますけども、なにより訪れてみたい所が「松代城跡」と言えますね。真田十代の居城跡として、桜の有名スポットという形でも評価が高いです。

 

松代城跡

 真田十代が城主を務めた城跡で、永禄3(1560)年の武田信玄による築城時の名は海津城でした。

 真田氏が城主になった後に松代城と改名され、以降十代にわたり真田氏の居城となりました。門や石垣などを修復し、江戸末期に近い形で復元されています。

 4月の中ごろには「松代春まつり」が行われます。夜桜のライトアップがキレイですよ。

 

住所:長野県長野市松代町松代44

電話番号:026-278-2801(松代文化施設等管理事務所)

開場時間:本丸のみ9:00~17:00(入場は~16:30)

休み:無休

料金:無料

駐車場:23台(無料)

アクセス

電車:JR北陸新幹線ほか長野駅よりアルピコ交通バス松代行きで約30分「松代駅」下車徒歩約5分。

車:上信越道長野インターチェンジより約1.6キロ

 

また、真田家に引き継がれる品々が公開されている「真田宝物館」も見逃せないです。

 

真田宝物館

 真田家伝来の品々は必見で、武具や調度品など真田家ゆかりの品々が展示されています。

 信之や父である昌幸の甲冑など見応えが非常にあります。

 12月12日までNHK大河ドラマ特別展「真田丸」関連特別企画展「戦国の絆」が開催されています。

 

住所:長野県長野市松代町松代4-1

電話番号:026-278-2801

開場時間:9:00~17:00(入場は~16:30)

休み:火曜日(祝日の場合は開館)

料金:「戦国の絆」開催期間中は大人600円、小中学生200円

駐車場:70台(無料)

アクセス

電車:JR北陸新幹線ほか長野駅よりアルピコ交通バス松代行きで約30分「松代駅」下車徒歩約3分

車:上信越道長野インターチェンジより約2キロ

 

それから「日暮し庵」において手打ちの蕎麦をいただきましょう!

 

スポンサードリンク

 

日暮らし庵

 名物そばを武家屋敷で堪能できます。

 藩の御用商品だった八田家が営むそば店です。

 人気のそば定食はせいろそばに麦飯、地元の味噌と松代特産の長芋をあわせた味噌とろろが付きます。

 幸村御膳定食2800円(要予約)もありますよ。

 

住所:長野県長野市松代町松代190-2

電話番号:026-278-3356

開場時間:11:00~14:30(そばが売り切れ次第閉店)

休み:火曜日

駐車場10台(無料)

アクセス

電車:JR北陸新幹線ほか長野駅よりアルピコ交通バス松代行きで約30分「松代駅」下車徒歩約3分

車:上信越道長野インターチェンジより約2キロ

 

そして一日の終わりに「国民宿舎 松代荘」において、湯船に入ってゆっくりしてください。

 

国民宿舎 松代荘

 黄金色のかけ流し温泉です。

 武田信玄の隠し湯として知られる名湯が湧く宿です。

 自慢の湯は源泉かけ流しで、鉄分や炭酸ガス、カルシウム、ナトリウムなどが豊富です。

 切り傷や胃腸病などに効くといわれていますよ。

 

住所:長野県長野市松代町東条3541

電話番号:026-278-2596

IN:15:00

OUT:10:00

料金:1泊2食付大人平日9570円~、休前日10650円~

駐車場:60台(無料)

アクセス

電車:JR北陸新幹線ほか長野駅よりアルピコ交通バス松代行きで約30分「松代駅」下車後タクシーで約5分

車:上信越道長野インターチェンジより約2.2キロ

 

これらのスポット以外にも、真田氏に縁があるエリアが分布している場所が松代となります。是非、咲き誇る桜を鑑賞しつつ、真田氏の惹きつける力に接してみることをオススメします

 

スポンサードリンク

 

 

4K映像で見る松代城の桜の美しさ!
こちらの動画では4Kで松代城に咲き誇る桜を鑑賞することができます!映像がキレイなだけあって、桜も本当に美しく映っていますね!あなたも桜のシーズンに松代に行く場合は、是非お立ち寄りいただきたいと思います!

 

 

コメントを残す