東京電力の新プランを検証!本当に料金が下がる?

2016年4月の電力小売の全面自由化によって、各企業から斬新な料金プランが、どんどん提供されてきつつあります。どんなプランが一番自分の環境に適しているのか迷われている方も多いかと思います。

 

ということで今回は、東京電力の新しいプランをケースにリサーチして、「オール電化」、「日中の間に多用する」、「夜に多用する」、「マンション」、「事業所」の5つの場合を考慮して、どれぐらい金額がダウンするのかについて、東京電力の新しいプランをモデルにしてチェックしてみました。

 

是非これからのプラン選びの参考にしていただきましたら、嬉しく思います!

 

スポンサードリンク

 

オール電化の世帯

 

5fb169c67d8374d4743f76cef6d2e928_m

さしあたって、新築のオール電化の住まいにちょうど良いメニューで言ったら「スマートライフプラン」があげられます。

 

ここでは普通の世帯という形で、4LDKの新築オール電化の住居に生活する4人家族をサンプルケースとして行ないます。

 

こちらのプランでしたら、都市ガス代金と「スタンダードSプラン」の総額と対比すると、年間でおおよそ3万9300円おトクです。

 

まとめ
オール電化をターゲットとしたプランがお目見え

ポイント優待の点も着目!

明るいうちに多用する世帯

 

b450edd73aa55d21128970a898bd6417_m

明るいうちに電気を多用する世帯にフィットするプランという形で、1ヶ月の電気使用量が400kWh以内は定額、401kWh以上であるなら電気代の料金が低くなる「プレミアムプラン」が準備されています。

 

現時点での従量電灯B、Cと比較すると得をする条件となります。2年契約の優待、あるいはポイントを加味した場合、2年間でおおよそ2万9300円ほどの割安となると考えられます。

 

まとめ
お金が高めのお昼の間の時間帯に多用する世帯は定額制がイチオシ!

 

スポンサードリンク

 

夜中に多用する世帯

 

e4d2790a843e07e33d53100604956527_m

夜中に電気を多用する世帯用としては、「夜トクプラン」が提供されていて、月々1万3900円となってきます。

 

通年では、利用料値引きあるいはポイントのメリットなんかを取り入れるとおおよそ4500円ほどおトクです。

 

まとめ
夜間ならば二つのプランがセレクトできる

お昼の間の用いる量を少なくするとお安く!

 

集合マンション

 

8202dd522f9e6139ca9c0aa4e2d3afe3_m

分譲マンションでしたら、「ビジネスパック2年割」のメニュー加入または、「スマートマンションサポートサービス」の選択項目が存在します。

 

「スマートマンションサポートサービス」であれば一年で10%を超える節減が期待されますけれど、ビジネス2年割のプランを合わせて、いずれも管理組合の為のプランとなってきますから、住まい探しの上での基準というようなポジションになってきます。

 

まとめ
マンション一括受電においての減額は2016年10月のちに本格的に!

事業所

 

75ab1f73096b035e19129e79caf69c2b_m

事業所を対象としたプラン「ビジネスパック2年割」でしたら、雇用者のボリュームとは異なり、利用している電気設備に伴って契約が違っています。

 

こちらのプランにおいては、見本となるケースの事業所の場合では、従量電灯Cのプランに比べると、2年間でおおよそ3万6000円おトクです。

 

まとめ
機器に適したプランのセレクトができるように!

2年間で3万円を上回って安くなる場合も!

結局、東電が一番安いの?

 

f3cb7e8b3a1e8b9c988c571f3b754e25_m

 

いかがだったでしょうか?今回は東京電力のプランを参考にシュミレーションをしてみましたが、どの企業よりも最も安くなるか?というポイント関しては今の所はわかりません。

 

というわけなので、「めんどくさいから東電のままでいいや」と考えることなく、各社の電気料金を比較して、一番安くなるであろうプランに乗り換えるというのが一番賢明なのではないでしょうか?

 

新規企業がどんどん参入していますので、かなり迷われている方が多いかと思いますが、こちらのブログでも随時、電力自由化の情報を発信していきますので、是非ご参考にしていただきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す