東京電力が設置を進めるスマートメーターとは何?

f3c39028844dfdb2f191f62c02114c71_m

電気の節約が「見える化」によって実用的に実施できて、省エネ化に有効なのが「スマートメーター」と呼ばれるものです。

 

電力会社移行時に欠かせないのがこのスマートメーターになります。東京電力などの各地域の電力会社がスマートメーターへの変更を進めていますね。

 

このスマートメーターは、双方向通信性能をが実装され、リアルタイムに即した測定ができることになるので、節電にとってかなりのプラスになると言われています。

 

というわけで実際のところスマートメーターが実装されれば、どんな省エネが期待できるのか、今回の記事では徹底解説していますので、是非最後までご覧くださいませ!

 

スポンサードリンク

 

無料で実施できる電気の「見える化」

 

149be705d00bbed2b550ee0c3030df41_m

 

電力会社を切り換える為には欠かせない設備のスマートメーターなんですが、とりわけ電力会社を取り替えないケースであっても、旧型モデルの電力メーターの利用期限になると無条件にスマートメーターに変わります。

 

おウチの電気メーターをチェックしてみたら、とっくにスマートメーターが備わっていたということも少なくないでしょう。

 

スマートメーターの中には双方向通信性能のみならず、それぞれのお家の電気使用量を30分につき自動的に測定することができます。

 

以前は月に1度のみの検針によって電気使用量を測っていましたので、1ヶ月ごとのトータルでしか電気使用量を確認する事しかできませんでした。

 

それぞれの季節の利用パターン程度は判断できるものの、曜日あるいは時間帯に左右される相違等は分からず仕舞いでした。

 

しかし、スマートメーターであったら30分毎に自動的に測定できるのです。こういった構造を活用した機能的なサービスを、それぞれの電力会社は当然設けています。

 

それが使用電力量の動きを細部にわたって判断できる「見える化」となります。

 

具体的に言うと、東京電力は「でんき家計簿」という名のオンラインサービスを準備していて、契約者データを打ちこんで登録すれば、月ごとの使用量だったり電気代のみならず、30分毎の使用量を画面で把握しやすくチェック出来ます。

 

電気をかなり利用している日であるとか曜日、あるいは時間帯が見定められることから、無駄な利用や消費時間の特徴が明確に判断できると考えられます。

 

これは節約意識を上向かせる事は言うまでもなく、仮に夜の時間帯は電気代が安価になるメニューの契約を考慮する際には、かなり重宝するデータとなると想定されます。

 

こういった電気の「見える化」の性能は、どちらの電力会社においても準備されていて、スマートメーターが備えられていたらお金もかからず利用できます。

 

現在電力会社の変更を考えていて、もうすでにスマートメーターも備わっているといった方は、まず第一におウチの電気利用傾向をチェックしてみれば、よりあなた自身のライフスタイルにフィットした料金メニューが選択できる可能性が高いです。

 

スポンサードリンク

 

対応機器がつながれば、ますます詳しく確認できる

 

f3c39028844dfdb2f191f62c02114c71_m

 

昨今、聞かされる機会が多くなってきた言葉に「スマートハウス」と言われるフレーズが挙げられます。

 

スマートハウスについては省エネ化にとどまらず、太陽光パネルによって電気をつくり出す「創エネ」、あるいは発電した電気を貯め込む「蓄エネ」と言われている構造が実装されていて、更にそのエネルギーを効果的にスマートに利用できる新世代の住居になります。

 

具体的に言えば、お昼の間に太陽光によって発電させた電気をストックしておいて、夜間に利用するといったやり方もできます。

 

スマートハウスによってエネルギーを効果的に利用するため、用意されているテクノロジーが「HEMSヘムス」というものになります。

 

HEMSはホーム・エネルギー・マネジメント・システムの略語で、家庭の中の電気機器をつなげ、それぞれの消費状況をリアルタイムにおいて「見える化」して認識・管理できるエネルギー管理形式ということを意味します。

 

具体的に言えば照明機具、又はエアコン、テレビ、あるいは冷蔵庫等のHEMS対応家電をマネジメントすることが可能となります。

 

 

スマートメーターが将来大活躍する!

 

b08c9ed8687cc126856899b23dd5d50f_m

 

驚くことにスマートメーターもHEMS対応機器の一部なんですよ。スマートハウスの中にはスマートメーターが不可欠で、HEMS対応機器と関連し、電気消費量をリアルタイムによって細部にわたって理解できるのです。

 

宅内に設けているモニターのみならず、パソコンだったりタブレットからチェックしたり、屋外であってもスマホからチェックできるという事も実現してしまいます。

 

HEMS機器は原則的に双方向通信が可能なことから、部屋の温度をチェックしてからエアコンの設定温度を変えたり、あるいは誰もいない部屋の明かりを消すということだって可能となります。

 

このような管理をリアルタイムの電力利用を踏まえて実施できるので、本当に電気を効果的に利用できるわけですね。これにより将来的に本当の意味での省エネ化が進むことでしょう!楽しみですね!

 

スポンサードリンク

 

 

スマートメーターのメリットとデメリット!
こちらの動画ではスマートメーターが設置されることのメリットとデメリットをわかりやすく解説してくれています!これから全ての家庭に設置されるものなので、しっかりとあなたにも確認しておいてもらいたいと思います!是非ご覧くださいね!

 

 

コメントを残す