スマートハウスとは?HEMSが日本の住宅を変える!

近頃よく聞く言葉として、「スマートハウス」というものがありますよね。電気を生み出し、蓄えることが可能な未来の家がスマートハウスになります。

 

エネルギーを効果的に使うことができる家ですから、効果的に節約しつつ電気が利用可能です。今回の記事では、このスマートハウスとは何か?ということについて徹底して解説します。

 

これからの新世代の住宅として確実に広がっていくものと言えるものなので、あなたにも是非知っておいてほしいと思いますので、是非最後までご覧くださいませ!

 

スポンサードリンク

 

お得な夜間電力をストックしてお昼の間に利用する

 

12b10592055a10ee014ad88e3c215bf2_m

 

スマートハウスは、太陽光発電形式等で電気を生み出し、蓄電池に充電させる事が可能です。

 

人気を集めている部分は、こういった創電と蓄電ですけれども、基本構成においても住宅それ自体の断熱機能がハイレベルで、自然の明かりという形で日光を取り入れる等々、電気あるいはガスの利用を最大限に少なくし、暮らして行ける「省エネ住宅」と言っても差し支えありません。

 

更には、エアコンだったり照明器具も有益性が高い物を取り付けることを通じて、より一層の省エネ化が達成できるわけです。

 

要するに、スマートハウスはただ単に電気を利用するのみでも、以前までの住宅と比べた場合、省エネで電気料金を少なくする事が可能となります。

 

その上、ホームエネルギーマネジメントシステムを略したHEMS(ヘムス)が組み込まれているので、電気を細部にわたって効果的にうまく利用するといったことまで行なえます。

 

例をあげればさしあたって、スマートハウスはおウチで電気を生み出して自己使用分をそれ相応にカバーすることが可能なため、電気料金をずいぶんと落とすことができます。

 

お昼の間の発電量が用いている量を越えているのであれば、余った電力を電力事業者に売電を行うのも可能です。

 

蓄電池については自己発電分を充電するだけじゃなく、電気代がお得な夜間に購入して充電しておいて、電気代が高めの明るいうちに取りだすなどの使い道も可能です。お手頃な夜間電力を明るい時間帯に移して利用できるんですね。

 

スポンサードリンク

 

HEMSが発電・売電をしっかりと制御

 

c6741d79eef0d19b75404b99df96373c_m

 

こういった詳細なコントロールが可能なのは、先ほど触れたHEMSを取り入れているからです。

 

HEMSはそれぞれの器機においての電気の使い道をリアルタイムでチェックし、スマートメーターと相関関係を持って発電・売電あるいは利用・買い取りを制御します。

 

更には、何個か準備されている仕様を変換することを通じて、電気の使用方法を容易に選択する事も可能です。

 

また、スマートハウスはEVあるいはPHEVと言われる自動車とリンクすることを通じて、車載蓄電池を住居用という形で利用することだって可能ですが、そのコントロールも全面的に住宅サイドから行なえます。

 

こういったことによって、おウチでの電力利用を確実に認識できることから、それぞれの会社のプランからベストなサービスをチョイスするのが楽になると考えられます。

 

 

プランを選ぶ際の注意点

 

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_m

 

電気をスマートハウスによって上手に利用することを望むなら、例えば東京電力だったら「夜トクプラン」等、夜の時間帯の電気代が安く定められているプランと結び付けるのがベターでしょう。

 

しかしながら、自由化する前より夜間電力がお得なプランで契約中のケースの場合、気をつける必要があります。

 

なぜなら自由化以降の新しいプランの方が高めの料金設定とされているケースがあるので、しっかりとチェックしましょう。お得にならない感じだったら、プランを改めない方がベターな可能性が高いです。

 

それでは最後にHEMSとスマートメーターによってもたらされるメリットをまとめますね。

 

HEMSとスマートメーターの連動によって現実化される事のまとめ

  それぞれの機器の電力の使用量をリアルタイムによって表示・チェックする

  ピーク時(単価の割高な時間帯)の時間とコストを報告する

  電気代がお手頃な時間帯に比重を置き、電力の管理(省エネ)を自動的にする

  電力需給がひっ迫した場合に電力の利用をセーブする

 

スポンサードリンク

 

 

スマートハウスを動画でご紹介!
こちらの動画では、セキスイハイムの作り出すスマートハウスが映像化されています。私が考えていたよりも、もっと快適に過ごしやすい住宅になるのだなと感心させられてしまいました!なのであなたにも是非ご覧になっていただきたいと思います!

 

 

コメントを残す