ワンルームマンションの投資は今が最適?入居者が殺到も!

527e28c1960626258dbc031675f186cd_m

現在、ワンルームマンションの投資を考えている方は、こちらのサイトをご覧の方の中にも多いのではないでしょうか?

 

しかし、現在都内においては、ワンルームマンションの需要が増えているのにも関わらず、開発が抑制されていることをご存知でしたか?

 

東京都内には沢山の人が毎年地方から流入されてきます。ですからニーズが非常にあるはずなのに、あまりワンルームマンションは開発されていないのです。

 

というわけで今回の記事では、その開発されていない訳と、今ワンルームマンション投資をするべきか否かというのを解説していきたいと思いますので、最後まで是非ご覧くださいませ!

 

スポンサードリンク

 

ワンルームマンション開発の制限が強くなる原因とは?

 

527e28c1960626258dbc031675f186cd_m

 

地方から都内への人口流入、あるいは晩婚化または離婚の割合の上昇等に従って、都内の一人暮し人口は拡大の風潮にあって、ワンルームマンションのニーズが拡大しています。にも関わらず、東京のワンルームマンションの供給は少なくなりつつあります。

 

市場の決まりに従えば、ニーズが広がっている物においては、当たり前ですが供給も多くなるというのが通常ですけども、どうしてそういった状態が生まれているのでしょうか?

 

これに関しては、ここ数年、都内においてワンルームマンションの開発を抑制する法令とか指導要綱がどんどん定められていて、ワンルームマンションのニーズに供給が追いつかないせいです。

 

ワンルームマンションが沢山建設されてしまって、ファミリー向けのマンションが作られないので、

 

 ワンルームマンションの入居者は20代、あるいは30代が大半なので、地域内の人口バランスが悪くなる

 一人暮しの人は地域に溶けこまない傾向が強いので、自治会であったり防犯・防災行動に不都合をきたし、地域のネットワークが弱まる

 

とされるトラブルも発生しています。このような原因を理由として、ここ数年、東京都内を主として各自治体は、ワンルームマンション開発の抑止を強めているというわけです。

 

規制の中身は区ごとで違いますけども、

 

 ワンルームマンションを新しく開発するケースでは、全て住戸の面積を規則に従った面積以上に行なう

 一定のパーセンテージの戸数・専有面積にファミリー向けを取り入れる

 一定のパーセンテージのパーキング・自転車置場を配置する

 

ことなどが条件として設定されていたりします。

 

現段階で、東京23区の全てで、ワンルームマンションの開発について何かしらの法令であったり規制が定められています。

 

スポンサードリンク

 

規制の厳格化によって、人気のワンルームに入居者が集中する

 

586e5e217ca01dd0c260d3bedcee7205_m

 

日本国内で見渡しても、2008年のリーマンショックからというもの、投資向けのマンションの供給戸数は少なくなりつつあります。

 

こういった現状において、建設規制が強くなっている都内においては、この先も、30平方メートル未満の部屋をメインにしたワンルームマンションの供給が減少する事が間違いないと言われています。

 

しかしながら、先ほどの内容においてもご説明したように、都内の一人暮し人口は、この先も多くなり続けると考えられています。

 

そうなれば、どういったことになると思われますか?私は、少数のワンルームマンションを、入居を望んでいる一人暮しの人が、取り合う感じになるのではと考えています。

 

ワンルームマンション投資の視点から考えれば、都内のとりわけ人気を博している区の駅周辺や住みやすさの素晴らしい好立地に存在するワンルームマンションは、

 

「入居者が殺到する」=「空室の危険性が下がる」

 

とされるトレンドが、この先どんどん上昇すると考えられます。

 

以上のことから、今は本当に、ワンルームマンション投資を行う絶好のチャンスだといえると言って間違いないでしょう。ですからあなたもワンルームマンション投資を現在お考えなら、真剣に検討しても良い時期になっているので、お考えになってもいいかと思われます!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す