コインランドリーの使い方!布団の洗い方完璧ガイド!

securedownload (6)

コインランドリーの使い方で布団の洗い方がわからないそこのあなた!実は簡単に出来るので安心してください!

 

今回の記事で写真付きでご紹介して、どのようにやればいいかわかりやすく解説しますので、そのまま書いてある通りに実践すればなんの問題もありませんよ!

 

最近のコインランドリーでは布団を丸ごと洗えるものを置く所が増えてきましたよね。でも使い方がわからないからためらっている方もいるのではないでしょうか?

 

かといって、一人でコインランドリーでマゴマゴしたくないですよね?なので、今回写真付きでしっかりと解説しますので、その通りにやっていただければOKです!

 

スポンサードリンク

 

まずはコインランドリーへGO!

 

securedownload (6)

 

やってきました!コインランドリー。最近は布団を丸ごと洗えるタイプのものが置いてあったりして、とっても気楽に布団を洗えるようになりましたよね!クリーニングに出さなくても自分で洗えるというのがとても良いですよね。

 

もちろん、布団だけでなく普段着を洗ったり、乾燥させたり色々できます。有人のコインランドリーも増えているようですが、だいたいは無人のコインランドリーが大多数だと思います。

 

しかし、コインランドリー初心者の方はどうしても一人で行って、マゴマゴしたくないと思いがちですよね。最初は誰だってそうだと思います。誰か他の人が入っていたら、入れなかったりとかね(笑)

 

けど今回の記事を読んでいただければ、何をどうやって布団を洗えばいいか、コインランドリーの使い方を解説いたしますので、安心してくださいね!

 

 

スポンサードリンク


 

コインランドリーの洗濯機を使って、布団を洗う!

securedownload (3)

 

これが布団を丸ごと洗って、乾燥させることができる大型の洗濯機です。こんな洗濯機が自宅にもあればいいのになあ・・・と何回思ったことでしょうか(笑)

 

securedownload (2)

 

こんな感じで、洗濯乾燥機の使い方が書かれています!でもじっくり見てるのも誰かが入ってきたら恥ずかしいなんていう方もいると思うので(笑)私が一から実践してみました!

 

securedownload (22)

 

私がいつも使っているコインランドリーで設置されているのは、このサンヨーの「SWD-A170GC」という機種です。あなたがお使いのものとは違うかもしれませんが、やる事はほぼ同じですので、あまり気にせず今回の記事を参考にしていただきたいと思います!

 

securedownload (14)

 

まずは、中に何も入っていないかを確認しましょうね。他の人の靴下とかがたまに入っている時があるので、注意しなければいけません。あまり他人の人のものと一緒に洗うのは気持ちのいいことではありませんからね。ここはしっかりとチェックしておきたいところです。

 

securedownload (13)

 

そして洗濯する前に忘れてはいけないのは、このドラム洗浄です。これをしておくことで、中を清潔にさせることができますから、必ずやっておくべきことなので忘れないで下さいね。しかも無料でやってくれるので、やらない手はありません。たまに忘れる方もいますが、これは本当に覚えておいてほしいと思います!

 

securedownload (29)

 

ボタンを押すと、このように中を洗浄してくれます。ちゃんと洗剤を使って洗浄してくれますので、安心ですよね。だから必ずこれはやってくださいね!

 

securedownload (12)

 

ドラム洗浄が終われば、中に布団を入れるのですが、このような表示ラインがドアについているかと思います。このような目安は一応ありますが、多少入れすぎラインからはみ出しても全然洗うことは可能です。特に布団は膨らみやすいものなので、ラインよりもどうしても上にいってしまいます。なので、そこまで気にする必要は無いと思いますよ。

 

securedownload (20)

 

次にコースの選択をする必要があります。機種によって違うかもしれませんので、一概には言えませんが、こちらの機種ではこんな感じのコース設定になっています。今回は大きな布団を洗うので、私は1000円のコースで洗うことにしました。

 

ここで気をつけてほしいのは、この洗濯機にはお札を入れる所が無く、コインしか入れられないということです。つまり100円と500円でしか1000円分を入れられないんですね。

 

しかもこのコインラインドリー店には両替機などはありません。つまりどういうことかというと、小銭が無い客は、外の自動販売機で何か買って小銭に替えてくれということなんです。

 

まあ、管理人の悪知恵とでもいいましょうか、少しでも小銭を落としていってほしいという考えなのでしょうね。私が通っているコインランドリー店は。

 

あなたのお店はどうなのかはわかりませんが、もしこのようなお店の場合は、確実に前もって小銭を沢山持って行かれることをお勧めします。無駄に買いたくもない自動販売機で交わされるのは腹が立ちますからね(笑)

 

securedownload (19)

 

で、私はしっかりと小銭を用意してきたので(笑)自動販売機で買うことなく、そのままコインを1000円分入れました。1000円分を入れた途端にすぐに洗濯機は回り始めますので、必ず洗濯機の中に布団を入れておいてくださいね。

 

securedownload (21)

 

そうしたら、こんな感じで布団を洗い出してくれています。いい感じに洗剤がからんでいますね。一時間の設定にしたので、私はいったん家に戻ることにしました。心配な方は、そのまま店内に残ってもいいと思いますが、盗まれるようなことはほぼありませんので(笑)その場を離れても全然大丈夫ですよ。

 

securedownload (24)

 

約1時間ほどして戻ってきました。そしたら表示に「cd」の文字が。これは乾燥後のクールダウンの意味なので、そのまま待つことにしました。だいたい5分くらいあると思います。なので、待つのが嫌な方は、1時間にプラス5分くらい余裕をみてもいいかもしれませんね。

 

securedownload (28)

 

ついて「End」の表示が出ましたね。これで洗濯、乾燥すべて終了です。あとは布団を取り出すだけです!

 

securedownload (26)

 

画像では伝わりずらいかもしれませんが、ふっくらでアツアツの布団が出てきました。クールダウンをしていても結構熱さが残っているので、気をつけてくださいね。さすがにヤケドになることは無いと思いますが(笑)

 

securedownload (23)

 

そして洗濯機に入れる量として、上記のような目安が一応ありますので、参考にしていただければと思います。店内でこういう表示があっても、ジロジロ見ていて誰かが入ってきたら恥ずかしいですからね(笑)なので、ここで知っておいてほしいと思います。

 

いかがだったでしょうか?コインランドリーの布団を洗う時の使い方はこんな感じでとっても簡単にできます!

 

初めてコインランドリーを使う方や、布団を洗ったことが無い方は不安に思われる気持ちがあるのはわかりますが、この記事を見て、自信を持って布団をコインランドリーで洗っていただきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す