書道の師範の取り方は?実はなるための抜け道があった?

163f99b049d49f4240833f4c8250c5de_m

書道の師範の取り方はどうすればいいんでしょうか?どうやら師範になるための公的な資格は無いらしく、自分が所属する書道団体の試験に受かれば師範と呼ばれるようになるようです。

 

しかも、試験の内容自体も各会派で違うものらしく、師範になるための難易度も千差万別だということがわかりました。

 

私はてっきり、国の資格として師範というものがあるものだと思っていたのですが、リサーチしてみると、そうではないんだということがわかりましたね。

 

というわけで今回は、この書道の師範の取り方について徹底リサーチして解説したいと思いますので、現時点で師範を目指している方には必見の内容になっていますよ!

 

スポンサードリンク

 

師範になるまでの道のりは?

 

163f99b049d49f4240833f4c8250c5de_m

 

まずはあなたの所属している、あるいはこれから所属しようと思っている書道団体において、少しずつ段位を上げていく必要がありますね。

 

あなたが仮に最短で師範を取りたいと思われるのならば、まずは教室探しから始めてみてください。

 

書道教室がどこにあるかわからないという場合は、書道用品を販売しているお店の方に聞くとだいたい把握されているので、教えてもらうことができます。

 

そしてその教室において、師範を目指して頑張るしかないのですが・・・最短でも5年くらいはかかるとみておいたほうが良いと思います。例えあなたが現時点で非常に達筆な方だとしてもです。

 

また、これは会派によって違ってくるので一概には言えないのですが、難易度の高い所ですと、10年以上かかることもザラのようです。

 

師範というのはあくまで会派内での呼び名なわけで、公的なものではありません。ですので、もし自分が書道教室を開きたいと思うのならば、師範じゃなくても開くこと自体は可能なんです。

 

ただし、何も肩書きが無いままで生徒募集するのはなかなか苦しいでしょうね。やはり師範なり、何かの賞の受賞歴などが無いと信用されないという部分が大きいようです。

 

 

師範になるのは厳しい?

 

a77a9391c099a3cff270c6fd3e01ed88_m

 

やはりここまで私が調べた感じですと、師範への道のりというのはかなり長いものになるということがわかってきましたね。

 

仮に師範になって、生徒を集めて教室を開いたとしても、所得的にはパートをやっているのと変わらないくらいのお金しか入ってこないそうです。生徒数にもよるでしょうが、お金の部分ではあまり期待しないほうが良いでしょうね。

 

もし仮にあなたが、書道教室などではなく、有名な書家になりたいというのならもっと高い収入が入ってくるのは間違いありませんが、私が言うまでもなくわかっておられると思いますが、自分自身で名を売ってかないといけない大変厳しい世界です。

 

どこの世界でも言えることですが、書道の世界も甘い世界ではありません。師範という肩書きを持ったとしても、書道界の中ではほとんど意味を持たないのです。

 

そして現在の書道界はどうやら、展覧会での活動がメインとなってきているようなんです。毎年いろんな書道展が開催されますが、ここで出品しようと思うと、5万円から10万円ほどのお金が必要となってきます。

 

さらに師匠に対する謝礼金、属している会派への会費などなど、いろんなお金が必要になってくるわけです。

 

そしてその中で何年も実績を積んでいくというのが今の主流のようです。あなたはこれらに耐えられるでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

師範になる抜け道がある?

 

af7f61e11b05e2ad289009811196cb40_m

 

このように師範となって食べていくのはかなり厳しいものがあるのですが、師範という肩書きだけが欲しいのならば、日本書写技能検定協会の一級に合格すれば、師範と同様の資格だと言えるそうです。

 

一級だけあって難易度はかなりのものがあると思いますが、試験に合格さえすれば師範と名乗れるので、あなたも頑張ろうという気持ちになるのではないでしょうか?

 

 

まとめ

 

cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_m

あなたがこれから生涯にわたって師範として書道で食べていきたい、自分の生業としたいと思うのであれば、苦労してでも一から教室に入って、段位を上げていき、師範になるべきだと思います。

 

ただ単に師範という肩書きが欲しいというのであれば、日本書写技能検定協会の一級の試験に合格するように努力してください。

 

どちらも簡単な事ではありませんが、あなたの進みたい道に向かって頑張っていただきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

 

師範の技を学びましょう!!
こちらの動画では渓雲正師範の書道の基本技を学ぶことができます!さすがに師範だけあって、信じられないくらいの達筆さです!あなたもこの動画を見ると、きっと刺激されて頑張ろうという気になると思いますよ!

 

 

コメントを残す