マイナンバー制度のデメリットとは?誰でもわかるように解説します!

マイナンバー制度というものが導入されることになっていますよね。

私たちの生活において、どんな影響をもたらすものなのか、

日本人にとっては未知なものなので、いろいろ心配されている方も

多いかと思います。

 

この制度が始まるにあたって、確かにメリットというものも存在する

でしょうが、今回の記事ではあえてデメリットに焦点をあてて

みたいと思います。

 

スポンサードリンク




 

そうすることで、あなたにとっても真剣にこの制度を考えるという

機会が与えられると思うから。一緒に学んでいきましょう。

 

実は、マイナンバー制度というものは、人によっては

百害あって一利も無いという意見も存在します。

 

年金番号とか納税者番号を、おのおの区別して行なっている国々は

かなり存在していますが、国民総背番号制(日本がこれから導入する

マイナンバー制ですね)はアメリカだったりスゥェーデンとか一部の国

でしか実施されていないんです。

 

そしてそのような国は、どちらでもデータ流出という不法行為が非常い

多い大国だったりするんですよね。

 

例えば、アメリカにおいては、公務員のデータ流出だったり、データの

取り引きによる犯罪が、1年間で30万ケースを上回っているほどです。

 

あるいはハンガリーとかドイツにおいても、人権侵害に結び付くと、

憲法違反判決が出ているくらいなんです。

 

そんな諸外国で行っているマイナンバー制度を強行するというのは、

最も大きなもくろみが、日本国全体の収入じゃなく、海外の方たちを

含めない日本人の財産の手持ち資金を確認することを狙ったもの

だからだと言われています。

 

特殊法人であるとか、天下り撤廃に反発し、一般市民の負荷ばかりを

引き出そうと考えている財務省が、我が国の皆さんの財産の手持ち

資金を押さえる意図は言うまでもなく考えられます。

 

1997年からその時点の大蔵省によって預金封鎖の考察と法準備が

実施されており、マイナンバーはそれらの一部分ということです。

 

ではどんな理由で望まれるの?意図はただただ1つだと言えます。

給料収入とか業務収入と金融資産を区分して押さえる事。

 

それに加えて金融資産においても私達日本人の財産と外国人の

皆さんの財産を区分して認識し、我々日本国民の財産の資金限定

で把握しようといったことがメインなんです。

 

 

スポンサードリンク




すなわち、脱税が行なえる税制に変更してから、ナンバー制で我々

日本国民の財産と海外の人たちの財産を区分けして、預金封鎖の

際に外国の方たちを巻き込んで国際的な問題に発展することを

ストップさせる状況にしたい為です。

 

また、さらにデメリット部分としてはデータが漏えいすると個人の

プライバシーのデータがまるまる流出するという訳です

 

と、ちょっと難しい話にもなってきましたが、本当に簡単に

デメリットを説明するとこうなります。

 

本音を言えば、国があなたのデータを統制し易いようにするといった

仕組でありますので、我々からすればはっきりとはプラスになるとは

なりません。

 

それからデータをマイナンバーのみを使って統制することになったら、

マイナンバーのデータの絶対度が上がり、もしもマイナンバーが

悪意ある第三者にバレれば、それ相応にトラブルも広がっていきます。

 

ということで、今回はマインバー制度のデメリットに焦点を

あてましたが、実際の生活がどのように変わっていくのか、

わたしたちは今の所は見守っていくしかありません。

良い方向に進むように期待したいものです。

 

スポンサードリンク




コメントを残す