マイナンバー制度のメリットとは?誰にでもわかるように解説します!

pay-819587_1280

前回の記事では、マイナンバー制度に関してのデメリットをお伝えしました。それでは逆に今回はメリットを調べてみようと思いました!

 

しかし、メリットが本当にあるのかどうか調べていくうちに怪しい

感じになっていったのも事実です(笑)

 

 

スポンサードリンク



 

 

わたしたち庶民にとって、メリットと言えるのかどうかわかりませんが、

一応メリットといわれるものを列挙したいと思います。

 

ITまたはアウトソーシング等といった関わりのある会社が得をする。

お役人は天下りをする先が多くなる傾向が見られる。

役人の仕事内容の一環が緩和される。

脱税だったりを捕まえそこねても、マイナンバーによってチェック

 出来ないものは諦めるほかないで済む結果になる。

 

このような意見が多かったですね(笑)

 

う~ん、やっぱり私たち庶民にとっては、マイナンバー制は

百害あって一利なしなのでしょうか?

 

しかし、一方でこんな意見もありましたよ。

 

引っ越しなどといった一連の流れを役所で行うにあたり、

 ちょっと簡単になる。

 

なるほど、こういった役所での手続きって本当にめんどくさい

ものですからね。

 

引越しに限らず、そういう手続きがちょっとでも楽になるのなら、

それはメリットだといっていいのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク



 

また、現在までいい加減となってた納税責務がシビアに変わる

ことから税収がアップして、公共機関の対応が強化されるという

意見もありました。

 

これまでいい加減な納税をしてきた人にとっては恐怖以外の

何物でもありませんが(笑)違法な脱税はどんどん取り締まって

もらいたいもの。

 

それによって税収が増えて、市民の為に使ってくれるなら、

これもメリットなのかな?とも思います。

 

ただ、やはり一番安心できないのは、ただ単に役人の

天下り先が増えるだけというものですね。

 

そんなことよりも、マイナンバー制度で税収がアップされたら、

公共サービスの充実であるとか福祉、子供達のための

教育費などに使っていただきたいと切に願いますね。

 

というわけで、マイナンバー制に関しては、これからの政府の

動向をしっかりと見守っていく必要があると思います。

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す