地震時に避難する際に生死を分ける行動とは?これだけは知るべき!

避難をする際の判断が原因となって、生きるか死ぬかが区分されるケースが存在するという部分を心掛けておくようにしてください。

 

 

避難するか否かは、他力本願にしないで、ラジオ・報道番組、はたまた

行政であったりからのニュースを必ず、あなたの目と耳によって確認し、

それをベースとして、結論を出します。

スポンサードリンク

 

おうちの安全性が証明されたら、在宅での避難を心がけてください。

身内が離れてしまっているケースでは、おうちに残す居場所のメモ

とか、電話会社が扱う災害向けメッセージサービスというものを用いて

落ち合う目的地点をチェックします。

 

避難するかどうかの判断

 

適切な報道を認識する

280d01ced3252ab95f0729a5c138173d_m

正しくないニュースを受けて立ち回るとリスキーな目にあうかもしれません。

アクションを起こすことより先に大事な事は、間違いのないニュースを

取得する事。

 

停電の場合であっても聞ける電池タイプのラジオ、あるいは充電タイプとかテレビ、

また、スマホのラジオ・テレビ、消防署又は行政のウェブサイトであったりから、

間違いのない報告を手に入れるようにしましょう。

 

 

SNSを実践する

00d51f678e77c120489e68ea19cbd822_m

twitterとかfacebookといったSNSは大事な情報の拠り所となります。

けれども災害時には、正しくないウソとかニュースが流れる場合が

見受けられます。風評そのものを頼りにすることをせずに、間違いの

ない報道を入手することを心がけましょう。

 

 

身内の具合をチェック

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_m

災害が起きた時は、あなた自身の生命を防衛することで一心不乱になって、

あなたの手とか足から血が出ていたり、周囲の方が傷を負っていたとしても

気づかない確率が高いです。

 

共にいる家族みんなに外傷が見られないか、おうちにリスクが

存在しないかをしっかりチェックしてください。

 

 

自分の家の内と外の目視を行なう

3362f7e1e2375476e58de70945b94ce0_m

共にいます一家の状況のチェックが完了したら、二番目は室内を確認してください。

火の処置は実施されているか、避難を行うためのルートの保持が行なえているか。

ラジオ等といったニュースを聞きながら、じっくり周辺にある状況を自分の目で

確認します。

 

 

むやみやたらとアクションを起こすと良くない

6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_m

室内から急いで飛び出した際に、落ちてきた物にぶつかって

傷を負うリスクが伴います。

 

とにかく心を冷静にし、家の人と室内での問題がないかをチェック。

それから、付近でリスクのある物・建築物が存在しないか、火事が

起こっているかどうか、あなたの目と耳によってチェックをしてください。

 

 

周辺の生存確認

dc622f69bafff9453821ba56bd2747de_m

家の人の生存が調べ済んだら、隣の方・周辺の地区の皆さんに

意識を向けてください。

 

閉じ込められたり、何かの下敷きに見舞われたり、ケガをした方等が存在

しないか、それに加えて避難のお手伝いを望んでいる方が存在しないかを

チェック。万一の際には、助け合うことが大事です。

 

 

外出先で問題ないならその場に留まる

40d29c936533e240e3dad1ffbb4300e3_m

災害すぐ後は、駅まわりだったり路上もとっても混んでしまい、大変な火災の

発生だったり、建造物の倒壊などという二次災害にあって、外傷を負ったり、

最悪の場合、亡くなるリスクも。

 

職場とか学校の無事がチェックされた場合は、即座に家に帰らないで、

現地に留まって状況を確認してください。

 

災害があったすぐ後のコミュニケーション方法だったり、行動の仕方を

前もって身内とすり合わせておくことが大切です。

 

スポンサードリンク

 

避難する際の覚えておきたいポイント

 

出火が生じる原因を作らない

ae53f181a60ee9052a1889be07565fb3_m

阪神・淡路大震災において、おおよそ10%が焼死されたという事実が

示すように、初期段階での消火は実に必要不可欠なんです。

 

火災が発見できたケースでは、火がわずかな間に消火器とか

水バケツだったりで火を消してください。

 

とは言っても、消火行動においては、あなたの身の安全が最優先。

炎が天井に及ぶであったり、自分の生命の心配を覚えたら、

消火行動を回避して避難すべきです。

 

 

ブレーカーを下げる

switch-41684_1280

倒れた家財道具の中においてスイッチが入ったままの電化製品があると、

通電が再び開始になった後、火事のリスクがあるので、必ず下げておきましょう。

 

 

ガスの元栓を締め切る

70eab59918cbd70d89a5f9b9f9cf828f_m

ガス管とかガス器具が故障していますと、ガスの復旧が済んだ際に

ガス漏れをもたらして爆発する可能性が考えられます。

 

 

安否ノートを書いておく

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_m

避難する場合は、あなたとか身内の生存情報、避難する場所等の

ノートを取っておいて、家の扉のロックをして移動しましょう。

 

 

ことづて板・SNSの手段でコンタクトをとる

e91448b2d594d882d144c1cf9b7dfb91_m

携帯電話で通話できなくなることを考慮して、コンタクト方法をいくつか

設けておきましょう。SNSも災害の際に、とても役に立ってくれるツールと

なりえます。

 

いかがでしたでしょうか?今一度、きたるべき地震などの災害に対して

日頃から準備しておくという心構えをしておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す