パートを解雇されてしまった!理由がわからない!どうすればいい?

パートで自分の働いている職場からいきなりのリストラ通告!これは本当に生活のことを考えても困りますよね。

 

 

なんとかこの状況を打破できないか、今回の記事では考えていきたいと思いますので、必見の内容になっていると思いますよ!

スポンサードリンク

 

どんな局面?

 

パートタイムとして勤務していました仕事場から、ある日突如として

君は解雇となります」と伝えられてしまいました。

 

パートだからと言って、生活に関わってきますので、たやすく職を

失くしてしまうことは、許されるわけがないことでしょう。

状況が許す限り、勤務が継続できる打開策を考えていきましょう。

 

大事な点と御法度なことは?

8e6d0f0b00b4a672a4ac18bde87a177f_m

会社組織サイドの事情で、労働者をリストラするケースでは、

1ヶ月手前に至るまでにリストラ通知を行なうもしくは、すぐに

リストラのケースだと1ヶ月分を超える標準の賃金を給付する事が

定められています。

 

だからと言って、法令を盾において申し立てしてしまうと、両方ともに

揉め事に結び付いてしまいかねません。

 

解雇を帳消しにさせて勤務を継続することを狙う場合は、それ以降の

人とのつながりにおいても心配りを行なっておいたほうが良いです。

なので、冷静沈着に上司とディスカッションする事が必要不可欠です。

 

解雇することになった原因が、上司であったり、同僚の誤った認識

影響されることも考えられます。

 

相互の誤った認識を解き明かした中で、勤務継続をしたいと

いった熱心な気持ちを訴えましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

最適な抵抗の仕方は?

dddcd448f752b5882d98f19fade49a3a_m

さしあたってまずは、解雇することになった事情を

オープンにしてもらいましょう。

 

労働時の行いとか、同僚とのトラブルが元凶となっているのだったら、

 

「自分の勤務の仕方とか、良くない言葉使いだったりが誤った認識に結びついたかもと考えます。これから先は、誤った認識を抱かせるような行いは止めることを心がけて尽力致します。」

 

と、真面目に改心を決めている事を打ち明けて、

 

「自分にとりましても日々の暮らしことを考えて、こちらの勤務が不可欠です。どうにかこうにか仕事が継続できるようにご考慮してもらえませんか。本当にお願いです。」

 

 

と、自分の実情を認識してもらい、クビの帳消しを行なってもらう

ことを希望して訴えましょう。

 

会社の業績が悪い等によって起こる人員削減の場合でも、

企業のハードな実態は理解できますけれども」と前置きを

行なった後に、勤務を継続できるようにお願いしたいと伝えましょう。

 

パート勤務であれば、話し合いによって、再度勤務させてもらえる

可能性は十分にあると言っていいでしょう。

 

ですから、一度解雇と言われたからといって諦めずに、

誠実な態度で話し合いをしていきましょう。

良い結果になることを願っています!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す