血管年齢の若返りをするためにはどんな方法があるの?

ウエストがいくらか厳しくなってきたとしても、病気によって寝込む必要性はないし、体の調子は悪くない。白髪もあまり多くないし、どんな時だって10歳は年下に受けとめられる。私はぜんぜん若いと、心配することなく生活されている方もおられることでしょう。

 

確かに外見も重要ですけれども、長寿の背景として肝心なのは、血管年齢となります。

 

スポンサードリンク

 

血管も加齢と一緒になって老化していくのですけど、取り立てて実際の年齢と比例するということはありません。40代の場合でも血管年齢は、60代の状態だったというのは有りがちな話となります。

 

どんな人でも誕生した際の血管は、ツルツルで、美しい段階だと言えます。年齢を経るにしたがって、血管の内部にコレステロールとかカルシウムなんかが滞留して、血管の幅に余裕がないように変わるのと一緒に、頑丈に変わっていくのです。このことが動脈硬化であります。

 

動脈硬化は、病気の名称であると勘違いされがちだけれど、病気じゃなく、どんな人の場合でも引き起こされる老化の症状となります。血管に余裕がないようになりますと、血の巡りも悪く変化します。

 

そうすることで、血管がキッチリと詰まっているゾーンで、血が乱流を起こし、血小板の固まりが生じます。

 

普段から疲労回復をして元気に過ごしていたら、固まりは無くなってしまうから大丈夫ですけども、生活習慣病とか欲求不満、タバコ、運動が足りない状況などを通じて、固まりが次から次へとすごく変化して、最終的には血管をふさいでしまうことになるのです。

 

血が行き来しない限り、栄養成分とか酸素が全身に巡ら無くなって、細胞が消えてしまうことになります。そのために、狭心症とか心筋梗塞、脳梗塞なんかに結び付くわけであります。

 

脳の狭小な血管がくまなく塞がると、認知症がもたらされる原因になるだろうし、手足において動脈が硬化した場合、壊死になってしまうケースもあるから、血管の老化は、無視できないものなのです。

 

 

10代からすでに動脈硬化が進行している?

428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_m

昨今のリサーチにおいては、10代の頃より動脈硬化が進んでいると考えられています。現在の10代が10年過ぎた後、20年経過した時には、生活習慣病によって苦悩する確率も相当高くなっているのではないでしょうか。

 

動脈硬化は、はじめの内は、自分で感じる症状が見られないです。頭痛とか肩こり、立ちくらみだったり、耳鳴り等といった異変が長期間にわたって続き、結果的にカラダのトラブルに自覚するパターンがほとんどのケースと考えられます。

 

そういうわけで、それ相応の解決方法を講じればオーケーなのでしょうけど、「高齢だから」「疲労が蓄積されていますから」と、何もしない方も多くいらっしゃいます。

 

ある時、突発的に倒れた時点では、すでに取り返しがつかなくなっています。それゆえに、なんら自分で気付く症状を感じずとも、血管年齢をフレッシュに保つ活動をスタートすることが重要です。

 

血管の老化の進度を遅らせることを願うなら、血管をキッチリと変化しない状態にする事、あるいは、強固に変化しないままにすることが求められます。

 

驚くことに、カラダの内側には、血管が窮屈に変化しないことを狙って、吸着しがちなコレステロールとかカルシウムを溶解してくれる要素が存在します。それこそがHDLコレステロールと言って、善玉コレステロールという風にも称されているものです。

 

スポンサードリンク

 

体に良いとされるコレステロールもある?

acbd1f74aae3532b96ec79667dbc9bde_m

コレステロールは、何もかもが悪者とは違います。悪玉とされているものは、LDLコレステロール。これに関しては、肝臓から体中にコレステロールを流す活動をするのです。

 

あまり多くない間は安心できますけども、悪玉が沢山になると、血液中において余ってしまうことになり、血管を細くして血の巡りを悪化させたり、血管の壁に含まれて、動脈硬化をひどくさせると考えられます。

 

それに対して、善玉コレステロールは、血液中において余分な悪玉コレステロールを取り上げて、肝臓へと流す「引き取り屋」です。加えて、血管が窮屈に変化するのを防止し、窮屈に変わった血管を、以前のようにしてしまう機能も存在します。

 

動脈硬化が酷くなっている方は、善玉コレステロールが減少してきている段階だと考えられます。善玉コレステロールの基準数字は、55mg/dlより上。40mg/dlより下だったら、心筋梗塞とか脳血栓、高脂血症というものを招く心配があると考えられています。

 

 

善玉コレステロールを増やすにはどうすればいい?

084bc10e6a2479a4e5168e383a34fe70_m

そうだとしても、ご安心下さい。善玉コレステロールは次に挙げるポイントを心がければ増やすことができます。

1 青魚に入っているEPAを摂取する
2 フラストレーションを取り除く
3 一日20分を上回る楽にできる運動を継続する
4 喫煙をストップする
5 妥当な体重にまで落とす
6 アルコールは適量を維持する

これらの中において、容易に継続できそうなのは1ではないかと思います。とりわけEPAは血管が窮屈に変わるのをストップするのはもとより、ハリも保ってくれるのです。つまり、青魚を口にすると、血管の若返りも達成可能なわけです。

 

血管年齢とか善玉コレステロールは、病院の診断などで判断できます。気掛かりな方は、確認してみることをオススメしたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す