リバウンドしないダイエット方法なんてあるの?これで成功します!

belly-2473_1280

ダイエットと言ったら、なんといってもサラダダイエットなんでしょうか。朝もランチもディナーもサラダを一生懸命に摂取し、繰り返している方は、若い女の子でよく聞きます。

 

なるほど、野菜のみの食生活を繰り返しているとしたら体重は減少します。しかしながら、そんな方法で、ダイエットが成功!みたいに考えることは短絡的です。

 

スポンサードリンク

 

体重が減った際には、皮膚がカサカサ、髪もパサパサ、栄養成分が不足して、フラフラになっている始末でしょう。耐えることができずに、サラダではない食べ物を口にした際は、次はリバウンド。見事にそのことが体重に現れ、より体重が増加する事が明らかです。

 

いったんは痩せることが成功しても、体重が増えやすい体質に陥ってしまったのであれば、それらのダイエットは過ちとなります。

 

元来、ダイエット=サラダとされる見解それ自体、アメリカやヨーロッパの考え方なんです。欧米人くらいに大きな体の方だったら、三食サラダに変えて無理やりに体重を落とさなきゃダメですけども、我々日本人はそれほどはデブっておりませんので、それだけの義務は要りません。

 

吸収するべき栄養成分は口に入れないと、痩せる以前に倒れてしまうかもしれません。我々日本人は、日本人の食生活を考えた状況でのダイエット法が、最も理に適っているであります。

 

しばらくの間、人気になりました、こんにゃくダイエットとか、りんごダイエット、あるいは、きなこダイエット、きゃべつダイエットなどというようなものは、我々日本人であるからこそのダイエットと言ってよい可能性もありますが、結末として継続はできませんでした。

 

常日頃からひたすら変わらない食べ物を摂取し、繰り返すのは、カラダにおいても、メンタル的にも拷問と同じ様な印象をぬぐい切れませんよね。

 

注視すべき点だけを把握すれば、原則的には欲しいものをどれだけでも摂取してもダイエットは可能なのです。とは言っても、数多くあるダイエット手法の中には、その方にフィットしたものとフィットしていないものがつきものです。

 

それゆえにオススメしたいものが、次に説明する「糖質断食ダイエット」となります。

 

糖質断食ダイエットによって「長寿体質」の基盤を確立する

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_m

糖質断食ダイエットを試みるための詳細な部分は、次に挙げるものになります。

 

・穀物類は全てダメ
・うどん、そば類もダメ
・砂糖も出来る限り口にしない
・にんじん、あるいはジャガイモ等根菜類もダメ
・フルーツも出来る限り口にしない
・乳製品も避ける
・根菜類とは異なる野菜はどれだけ口にしてもOK
・豆腐とか納豆等の大豆系の食べ物は口にしてもOK
・青魚を日常的に摂取する
・肉、あるいは卵は口にしてもOK

 

このポイントを見ていただいたら、「マジに肉を口にしてもOKなの?」とびっくりされる確率も高いと思います。

 

こちらのダイエットの重要なことは、糖質をシャットアウトすると言う部分であります。さしあたって、体重をダウンさせることが目当てなので、この場合は肉とか卵をいただいても、大丈夫なのです。

 

言うまでもなく、ダイエットとは分けて、長寿体質を確立する局面になってくれば、肉はなるべく敬遠したほうが妥当でしょう。それでは理に適った献立をお教えしたいと思います

 

モーニング

玉子焼き
アジの干物
豆腐の味噌汁
野菜サラダ

ランチ

豆腐サラダ

ディナー

しゃぶしゃぶ
しめさば
焼酎

 

ごはんを頂かないで、おかず限定の食事が普通になる迄には、日数は必要になりますけども、肉はそこそこいただいてOKなので、考えているほどよりは、楽な気持ちでダイエットを継続できるのはないでしょうか?

 

焼肉じゃなく、しゃぶしゃぶにさせていただいたのは、肉を湯に加えた際に、脂を取り去れることが理由です。

 

野菜において根菜類のみがダメな理由は、炭水化物がたくさん入っているから。穀類とか麺類を口にしないのも、炭水化物をシャットアウトすることが理由です。

 

炭水化物は糖質によって、構成されている栄養成分なのです。たくさん取り込めば、エネルギーという形で利用し切れずにいた糖分が体の中に溜まり、中性脂肪になり代わって肥満体質の元凶となりるのです。

 

そういう理由で、炭水化物をやめない限りは効き目はないのです。ここにおけるメインの目標は、バランスの素晴らしい食事内容を口にすることじゃなく、体重をダウンさせることが目標となります。

 

スポンサードリンク

 

「もうちょっと口にしたい」から解き放たれる!

hunger-413685_1280

糖質断食ダイエットと、それ以外のダイエットとの異なる部分は、「口にしたい」といった感情を抑制できるというポイントなんです。

 

一般的なダイエットは、空腹感をいかなる時も持ち合わせているから、苛立ちを覚えて勤務に力を入れることが難しいですし、耐えられなくなったら、おそろしい感じで食べ物を摂取してしまって、リバウンドになってしまう可能性が高いのです。

 

その点、糖質断食ダイエットは、食欲を合理的に減少させる仕組みだと言えます。カラダの内にある糖は、何にもましてエネルギーに転換される可能性が高い成分で、血液の中には、いくらかの糖が加わっていくのです。

 

糖の補給が外側から無くなりますと、カラダの内において、糖を生産し出すプロセスが必要となります。不十分となった糖をフォローすることを狙って、脂肪分解が推進されるのです。

 

そのように形成された糖は、コラーゲンと言われる成分に変わって、肝臓に貯蔵されることになります。そういうわけで、糖質断食ダイエットを行うと、肝臓の中にあるグリコーゲンがはじめに減りだして、その状況をフォローすることが理由で、脂肪を解かせて、グリコーゲンを生み出す経路がカラダの内において活発化されるのです。

 

その経絡の活発化が上昇すると、外側から食べ物の力で糖質をフォローしようと試みる
願望も抑制できるわけです。

 

過度に食べ物を口に入れたくなるのは、カラダの中の成分を解かして、血液の中に糖を与えようと試みる経絡が弱体化していることが理由で、外部から摂る食品に頼る体質に変わってしまっているためであります。

 

糖質をシャットアウトすると、カラダの中の食べ物を解かして、血液の間に送り出す作用が復活します。常日頃はカラダのメカニズムがサボっていてできないことも、シビアな環境を与えると、人間本来の活動を取り戻し、食欲も適正に変化するのです。

 

糖質断食ダイエットをスタートさせると、第一段階で、「食べ物を口にしたい、口に入れたい」といったオーバーな食欲が失せていく感覚を覚え出します。やり始めて2、3日のうちに、瞬く間に感じ取ることができるはずです。それほど有効性が、スピーディーに生み出されるダイエット法です。

 

サラダのみを食べ続けるダイエットの方法で、成果に結びつかないとされている部分は、いずれかで糖分を口にしているからだと思われます。

 

「サラダ以外は口にしていないし、ちょっとだけ甘いお菓子を楽しんでも問題ないはず」とスイーツをいただいてしまうと、体が外側からの糖を求める体質が変わることはありません。

 

加えて、食欲を無くすどころではなく、それ以上に激しく変化するから、空腹感、飢餓感が休むことなく継続してしまうわけです。

 

さらには、甘いお菓子を口にせずとも、清涼ドリンクを飲んでいるとすれば、かなりのボリュームの糖分を飲用していると言えます。糖分はスポーツドリンクにおいても加わっておりますし、健康ドリンクにだって使われているのです。

 

野菜をまとめてたんまりと摂取しようと思って、一般的な野菜ドリンクを口にすると、糖分を補給しているのと変わりませんから、気をつけた方が良いですよ。

 

糖質断食ダイエットは、スイーツ類は残らずダメ、ドリンクに入っている糖類までもダメであります。甘いもの好きの方は、スタートした時はシビアだと感じる可能性もありますが、三ヶ月間のみ辞めないで続ければ、オーバーに甘い食べ物を口にするということも無くなると思いますよ。

 

リバウンドしないカラダを作るためにも、是非三ヵ月間頑張っていただきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す