産後クライシスとは?解決する方法はあるの?徹底リサーチ!

b153d921eb5be5fdf354d6052a8265cc_m

産後クライシスとは一体どんな状況のことを言うのでしょうか?今回の記事では徹底して調査しましたので、是非最後までご覧いただきたいと思います!

 

子供を産んでから、加速度的に夫婦の係わりが低下する事態のことを、「産後クライシス」と言う風に言われています。

 

スポンサードリンク

 

それらの最大の原因は、お子さんのお産を済ませた奥さんが、お産の後の旦那さんの赤ん坊に対しての関わり方とか、家事の分担作業に激しい苛立ちを有するが為に生じると言われています。

 

注目すべき情報が存在します。ある研究機関において、288組の妊娠している間のカップルを4年間に及び追跡検証し、年ごとに「(パートナーを)心の底から今も愛し続けていると思える」か否かを質問しているのです。

お子さんが誕生する以前の妊娠期に注目すると、旦那さん、奥さんおのおので75%くらいが「心の底から(パートナーを)今も愛続けていると実感」し続けていると回答しています。

 

しかし、こういった愛情が、お子さんが2歳になりつつある頃合いでは、恐ろしいほど下落しているわけです。とりわけ奥さんの低下は急激で、それらの割合は、たかだか2年を境に、3人に1人程に半減してるみたいです。

 

これに関しては、旦那さん達においては、実にハードな数値ではないでしょうか?旦那さんは「以前の二人は強いつながりがあった」などと思っていたとしても、たぶん奥さんは、その時点から「旦那の家事の方法はすごく荒くて不快だわ」と考えていた可能性があります。

 

だけど、その際には、二人にお子さんが存在しなかったことから、物理的、メンタル的にも「ゆとり」を持つ奥さんが「やむを得ないわね」と旦那さんを容認していたに過ぎないに違いありません。

 

けれども、いったん産後クライシスが発生してしまったら、過去抑制されてきた奥さんのフラストレーションが、全部旦那さんに対して向けられます。

 

こうなってしまえば旦那さんは「一番愛している男」から「子育て・家事の不快な思いをさせる面倒な同居人」ほどに至るまで格下げされることになります。状況次第では、憎しみのターゲットとなるケースまであるといえるでしょう。

 

 

スルーされてきた夫婦の盲点

70c109ad9236e9d9cda37c79e43d1be6_m

こういった「子供の誕生が終わった後に、突然に夫婦仲が下降する事態」は、驚くことに、家族社会学等のような方面からでは、長期間のリサーチの集積が備わっている、いわば常識とも言えます。けれども、この事態はわが国では、それほど表沙汰にはなっていませんでした。

 

あなたも漠然と実感していただけると考えますが、従来からほとんどのメディアは、子供の誕生を「幸福なスタート」というような雰囲気でしか声にしてこなかったし、自分達もそこの所を、普通の事であるかのごとく認識してきた感じに思えます。

 

だけれど、これに関しては、現実の姿との差異が存在するとしか言えません。正直なところ、子供の誕生は夫婦においては「幸福なスタート」と見なされる反面、「夫婦に関する正念場のスタート」だと言ってもいいでしょう。

 

そして、こういった片方だけのプラス面でしか表沙汰にならなかったことで、今日までの理想的な認識違いが顔を出してきたと言えます。

 

妊娠している間の妻をお持ちのあなたは、子供の誕生が過ぎてから、自分達はこれまで通りにハッピーになることが出来ると決めてかかっていないでしょうか? 仮にそんな風だとしたら、あなたは、こういった理想的な認識違いに基づいてスルーされてきた夫婦の奥深い罠に、もはや、はまっていることも考えられます。

 

スポンサードリンク

 

離婚の一番の原因は、産後クライシス?

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_m

こういった罠とも考えられるアクシデントのとりわけ切実な局面は「離婚」ではないでしょうか?

 

注目する統計が存在します。厚生労働省が日本国内の母子家庭をターゲットにして実施する母子家庭等のリサーチ、俗にいうシングルマザー白書の数値です。

 

こちらのリサーチのケースでは、研究対象になったおおむね1400人のシングルマザーに「末のお子さんがいくつの時点で夫と縁を切ったか」をたずねています。

 

選択項目は「0から2歳」期、「3から5歳」期、「6から8歳」期と3歳のたびに、成人の直前に及ぶまで区分して質問しています。ではでは、このケースだとシングルマザーは、お子さんが何歳の際に一番縁を切っていると考えますか?

 

誕生して間もない「0から2歳」期だと思いますか?ちょっと子育ての心労が減少する「3から5歳」期だと考えますか?あるいはお子さんが小学生に進級し、勤めやすくなれる「6から8歳」期だろうと感じます?(死別とか独り身の母といった場合は情報から省かれています。)

 

答えは驚くことに「0から2歳」期。このところの離婚が、トータルの30%くらいにも届きます。この辺りの期間は現実に、産後クライシスの出現期なんです。

 

現実的に、一体いくら関係性が存在するかに関しての調査を実施した統計は見受けられませんが、仮にこの辺りの期間に夫婦の関係が崩れやすい事がハナから承知しているのなら、多数のカップルは、離婚を回避する手段を講じる事が可能だった確率も高いです。

 

さしあたって、子供の誕生より前に「産後クライシス」と言われるテーマを把握しておく。その事実だけでも、産後離婚の危険性を減少させることができる場合があります。

 

 

「子供を産んだ後」を夫婦と社会の課題という形で再考する

ce66ce1c15972646b666f633d2dab4d1_m

女の人の社会への進出が加速する昨今、とりわけ2000年以後については、女性の生活サイクルに関連した現実的なワードが次々と現れてきています。

 

恋愛状況での「草食系男子」、あるいは結婚するための活動を「婚活」、さらには妊娠に関しては「マタハラ」とか 、「卵子の老化」等々。こういったワードは、女性達に非常に大きなリアルなものとして感じ取っているようです。

 

「産後クライシス」という言葉においても、そういったワードの一例として挙げられるのだと言えそうです。産後クライシスの中身は、今こういったテーマを説明する意図を言いますと、産後の子供の世話が、奥さんだけの問題じゃないという実態を再認識させられる出来事だと思います。

 

お子さんを産んだ後のトラブルは、今まで子育てノイローゼだったり産後ブルー、産後うつ等々がメインで取り扱われ、どれにしても、メインとしてお母さんと子どもさんの課題と位置付けて考えられていました。

 

その部分を夫婦または、社会の課題の一つとして再認識する事は、確実に今後のあなたのライフスタイルに、決定的な意味を与えてくれるに違いありません。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す