ハロウィンの由来は保育園児にそっくりこのまま話して!凄く簡単!

ハロウィンの由来を保育園などで教えないといけない方もいらっしゃると思います。なので、今回はハロウィンについて解説させていただきます。

 

できるだけ簡単に保育園児さんたちに説明できるように、噛み砕いたそのまま使っていただけるお子さんに対しての説明も各項目ごとに書いていますので、非常に参考になると思います。なので是非最後までご覧くださいね!

 

スポンサードリンク

 

例年、10月31日に開催されるお祭り「ハロウィン」。国内においてもハロウィンの催しとか、変装であったりで、年を経るごとに盛り上ってきていますよね!

 

とりわけ年少のちびっ子達を持つ御家族ならば、保育園なんかにおいても、お祭り行事の予定があったりするんじゃないですか?

 

ちびっ子達もハロウィンになると、お菓子をくれたりしますからご機嫌だと思いますが、「ハロウィンの意味は何なの?」と尋ねられるとテキパキと返答できない親御さんや先生も少なくありません。

 

今回に関しては、ハロウィンの由来とか、ハロウィンが迫ってくるとそこら中に存在しているカボチャとかジャック・オー・ランタンの意味に関して出来るだけ簡単にご案内したいと思います!

 

ハロウィンの由来は?

90b54c47fa3e996467296d1eab16d861_m

ハロウィンは、例年10月31日に実施される、古代ケルト人が発端と思われている催しでした。当時、ケルト人の一年間の最後は10月31日だったのです。日本で言うところの12月31日の大晦日ですね。

 

当日は、秋の期間の収穫を祝うためのお祭りが実施されていたわけですが、この一年間の大詰めの日の夜間になると、先祖の霊とか邪悪な霊が襲ってくると思われ、秋の期間の収穫を祝うのと一緒に、ぞっとする霊を追っ払うという宗教的な意義のイベントも実施されていたわけです。

 

そのうち、時の変化とともに、カトリック系の部族がケルト系部族を侵略し、ケルト人が実施していたこういった催しをキリスト教においても採用し、今日のハロウィンのイベントという形で残っていったというわけです。

 

現代では、教会において11月1日に行われる「諸聖人の日」の前日の夜に実施される催しという形で認識されています。

 

「諸聖人の日」という意味は、カトリック教会の祭日のひとつで、全ての聖人や殉教者を弔う日になっていて、我が国においてのお盆と似ていて、亡くなった人の精神がこの世界に帰ってくると思われているから、それらの期間にお墓参りを行なったり、死者を祈ったするのです。

 

 

・保育園児さんたちに話す場合は・・・

ハロウィンは10月31日だよね?この日は昔のある国では一年の最後の日となっていたの。日本に例えると12月31日の大晦日と一緒だね。

それでこの日は秋の収穫を祝う日と同時に魔物が襲ってくる日とも考えられていたの。それでその魔物を追い返すための行事として今まで伝わってきたのよ。

 

 

ハロウィンの語源は?

halloween-958801_1280

ハロウィンは英語によって記すと「Halloween」と綴られるスペルとなっています。カトリック教会において、11月1日に祝われる「諸聖人の日」の前日の夜に該当するために、諸聖人の日の英語においての古い呼び名「All Hallows」の「eve(前日の夜)」、「Hallows eve」が変化していき、「Halloween」という名に変化した説、あるいは神聖という意味の「hallow」と夜という意味の「evening」が一緒になって「Halloween」と呼ばれるようになった説があります。

 

 

・保育園児さんたちに話す場合は・・・

なぜハロウィンていう名前だと思う?ハロウィンて英語でこう書くの(ホワイトボードなどにHalloweentと書いてあげたらわかりやすいですね)で、この「hallow」は神聖という意味があるの。

そして「evening」が夜という意味になるの。その二つの言葉が一緒になってHalloweentという言葉になったのよ。(諸聖人の日の話による由来は少し難しいのでやらなくてよいかと思います笑)

 

 

ハロウィンにどうして仮装を行なうの?

19a320c98cb349821cc15fec6c1887f6_m

キリスト教における「万聖節」の前日の夜のお祭りで、我が国で意味するところのお盆みたいな日にもかかわらず、その際にどうして仮装を行なうの?と不思議に思いますよね。

 

これについては、亡くなった人の精神がこの世界に帰還する時に、悪霊とか魔物も同時にこの世界に襲いにきて、地獄へと一緒に連れ去ろうとします。なので、モンスターの格好をして悪霊とか魔物と同じ種族であると思わせるのです。

 

このようにやれば、悪霊たちも同じ種族であるとみなして、襲ってきませんし、魂も奪われることがありません。

 

また、この世界にやってきた魔物らが、この世界の人々の仮装をしたスタイルを目撃してビックリし、怖くなって逃げるといった説も存在します。

 

こういった風に、ハロウィンに仮装する根拠はなんだかんだと説が存在しますけども、どちらにしても元来は「魔除け」をするという意味から、仮装する習わしが伝統とした残ったということです。

 

 

・保育園児さんたちに話す場合は・・・

ハロウィンの日には、魔物が地獄からやってきて、私たちを連れていこうとするの。だから魔物に対抗するために、仮装するのよ。だから仮装しておけば、魔物は自分たちと同じモンスターだと思って襲ってきたりしないのよ。

 

スポンサードリンク

 

トリック・オア・トリートという意味は?

799902db18db35d298fd0a185d8aa9ba_m

英語で話される国においては、ちびっ子達が「Trick or Treat (トリック・オア・トリート)」 と呼ばれるセリフを言いつつ、近所の家を巡って、お菓子を手にします。

 

「Trick or Treat」は「お菓子を渡してくれなかったら、イタズラしちゃうよ!」とされる意味として、ちびっ子らが唱えつつお菓子を欲しがるのですが、日本語に訳してやると、「Trick=いんちき、悪だくみ」、「Treat=招く、もてなしを行なう、ごちそうを行なう」等を指します。

 

元々は、「souling(ソウリング)」という名のヨーロッパの習慣が、関係していると伝えられていて、仮面を着けて変身したちびっ子達は、歌いつつ、霊魂達のことを考えてソウルケーキ(Soul Cake)という干しぶどうが入ったの四角いパンを乞いつつ、家から家に練り歩きます。

 

そうして、ごちそうがまったく提供されなかったら、物乞い人だったり霊達は、イタズラをすることになります。この部分が、トリック・オア・トリートのユニークなコミュニケーションの原型だと言われています。

 

また、1900年頃当初、その頃によくイタズラをしていた子供らが「Trick or Treat!」と叫んで、お菓子をおねだりするようになって、1952年のディズニーのアニメーション「Trick or Treat(ドナルドの魔法使い)」で使われているセリフによって、世界的な規模で認識されて、ハロウィンで必ず言われるフレーズという形で定着したと考えられます。

 

ついでながら、「Trick or Treat!」と言われたケースでは、「Happy Halloween!」あるいは「Treat!」と返事してお菓子をあげることが通常パターンです。「Trick or Treat!」と言われたにもかかわらず、お菓子をあげなかった時には、イタズラされちゃいます

 

家の扉に卵を投げるとか、お庭の木に紙を巻きつけたり、一連のイタズラはちびっ子特有のやり方から、「なんじゃこりゃ!!」と感じられるシロモノに至る迄、種類が豊富であると言えます。

 

イタズラされてしまう心構えがゼロの時には、ハロウィンが近づくシーズンには、お菓子を準備しておくほうがベターでしょう。

 

 

・保育園児たちに話す場合は・・・

(ホワイトボードにTrick or Treatと書いておきながら)Trickにはイタズラって意味があって、Treatにはごちそうするっていう意味があるの。だから日本語で言うと「お菓子を渡してくれなかったら、イタズラしちゃうよ!」という意味になるのよ。

だからってみんながTrick or Treatと言って、他の人からお菓子をもらえなくてもイタズラしちゃダメよ笑。でもほとんどの人がくれると思うから、その時は喜んで「ありがとうございます」とお礼を言ってね!

 

 

ハロウィンの由来 どうしてかぼちゃがシンボル?

c75ca25ec87fbef009bd3e6cba89119e_m

ハロウィンのシーズンに向かうと、あらゆる所に装飾される「かぼちゃ」。なぜハロウィンになると「かぼちゃ」がつきものなんでしょうか?

 

ケルト人のがいた頃、1年の最後の10月31日になると、霊がわんさかこの世界に姿を見せます。悪霊だったり魔物もやってくることから、悪霊たちに地獄に連れ去られないことを願って、魔除けの意味も込めて、焚火をやったり、仮面をかぶったりしたのです。

 

このようなセレモニーと「ジャック・オー・ランタン」の逸話とがミックスされて、元来は「カブ」の中身をくりぬき、そこにローソクを入れて火を灯すことを行っていましたが、「ジャック・オー・ランタン」の物語がアメリカに伝えられた後、アメリカにおいての栽培が豊富だったカボチャのランタン(日本で言う提灯みたいなもの)になっていったとのこと。でも、スコットランドでしたら、今でもカブが用いられていたりするんですよ。

 

ハロウィンの由来 ジャック・オー・ランタンの意味って何?

b399df10622633c4b994dc63010333ee_m

かぼちゃをくり抜いて、その中にローソクを灯す「ジャック・オー・ランタン」には、とある逸話があるんです。

 

昔々、あるところに「ジャック」と呼ばれるイタズラばっかりしてしまう男がおりました。そんな時、ジャックは、自分の命を奪おうと襲ってきた魔物と遭遇してしまいます。けれども、ズルくて口が上手いジャックは、魔物をかしこくだまして、自分が亡くなっても地獄には落とされない、といった保証を魔物にさせたのです。

 

それから、しばらくしてから命を亡くしたジャックは、生きている間にイタズラを沢山してきた為に、天国にはもちろん行けなくて、しょうがなく地獄に入ろうとします。だけれど、魔物との間の約束のせいで、地獄にだって入らせてもらう事が許されませんでした。

 

途方に暮れてしまったジャックは「じゃあどこに向かえば許されるの?」と魔物に質問すると魔物は「以前にいた場所に帰れ。」と伝えたのです。そして仕方なく、ジャックはやって来た道路をトボトボとひき返したのです。

 

だけれど、その通りは闇のように暗く、風が非常に吹いておりました。暗闇じゃ当然歩くことができません。そうしてジャックは魔物に求めました。「自分にランタンをください。闇のようで通りがまったく見当がつかないので」と。

 

仕方なく魔物は、地獄において燃えていた火の塊をジャックに渡しました。ジャックはそちらの火の塊をカブの間に取り込んでランタンにしました。そのようにしてそのランタンを手にして、永遠にこの世界と地獄の間をさまよい続けて、「提灯のジャック」(ジャック・オー・ランタン)という名が付けられたのです。

 

これについては、アイルランドの昔の物語がベースになっていると伝えられていております。こういったストーリーがアメリカに伝わった際に、カブからカボチャになったと理解されているようです。

 

そのようにしてどれぐらい前からか、ジャックの持っているランタンが亡くなった各々の魂の象徴として考えられるようになり、10月31日になると、魔除けだったり悪霊を追い出す意味合いで、このジャック・オー・ランタンをお家の玄関に飾り付けるように変化したのです。

 

 

・保育園児たちに話す場合は・・・

どうしてハロウィンになるとカボチャでいっぱいになると思う?昔々ね、ジャックというイタズラばっかりする子がいたの。でもその子が亡くなった時に、天国には行けずに地獄に落とされることになったんだけど、あまりにイタズラばかりしていたので、地獄にも行けなくなったのね。

困ってしまったジャックは元にいた場所に帰ろうとしたんだけど、その道が暗すぎて歩くことができなかったの。そのためにカボチャの中をくり抜いてローソクを入れて、ランプ代わりにして道を歩いたの。

それで、ジャックは天国にも地獄にも入ることもできずに、さまよい続けることになってしまったの。そこから、ジャックの持っていたカボチャのランタンがハロウィンの代表的なものとして今に伝わってきたの。

とってもかわいそうなお話だけど、イタズラばかりしてきたからしょうがないのかもしれないわね。だからみんなもイタズラばかりしていると、幸せになることはできないから、しちゃダメだよ。

 

ハロウィンの由来を保育園児たちにも知ってほしい

da289c68091a0ec9718c3b683aeec653_m

ハロウィンの伝統が深くない我が国では、ハロウィンの由来をまったく知らないで、仮装とか、かぼちゃのデコレーションをする方が大半ですけども、由来だったり理由を理解すると、再び別の気持ちでハロウィンに対する気分がアップしますよね。

 

また、自分なりに子供に対してどのように説明すればいいのか迷いましたが、難しい部分は極力省いてシンプルにするのがベストかなと思います。そして、やはりイタズラするのは良くないということを前提に説明してあげるのが教育上適切なのかなと思います。

 

私が作ったお話をベースとして、アレンジしていただいてもかまいませんので、保育園児たちにも是非わかりやすく説明してあげてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す