七五三で男の子は何歳でやるのが正しいの?

 

七五三で男の子は何歳でやるのが正しいのか迷っておられませんか?

 

 

今回の記事では、その詳細について解説していて、非常に参考になると思いますので、是非最後までご覧頂けましたら幸いです。

 

スポンサードリンク

 

元来、七五三というのはどういう行事だと思いますか?以前には小さい時に病気が発症すると、亡くなってしまう子どもが少なくなかったので、7歳に成長する迄、小さな子の健康と育ちを祈る感じに定められたと言われています。

 

ちびっこ達には健康的に大きくなってほしいという願いは、どんな親御さんもお持ちだと思います。七五三の日は11月15日ですけれども、それより前の大安吉日にお参りを行なうことが、常識的に定まっています。

 

男の子供さんも3歳になるとお祝いを行なうの?!

262188

どうやら男の子供さんも3歳になったらお祝いを行なうのが普通みたいですね。でも日本全国各地でいろいろ違うみたいなんですよね。私がリサーチしたところ、こんな違いが出ました。

 

男の子供さんの七五三を行う年齢は?

・5歳だけ(東京都)

・5歳だけ(大分県)

・5歳だけ(神奈川県)

・3歳と5歳(青森県)

・3歳と5歳(大阪府)

 

こんな感じで地方ごとに違いがあるんですよね。なので、特に決められている年齢というのは無いようなんですね。

 

例えば、関東の場合ですと、3歳の七五三は女の子供さんのみをお祝いするおウチがほとんどですけれども、男の子供さんのお祝いをするのも言うまでもなく大丈夫です。

 

スポンサードリンク

 

数え年でやるの?それとも満年齢でやるの?

195138

七五三のお祝いを、数え年で行うか満年齢になってから行うか、これについても難しいところではないでしょうか。原則として七五三は、数え年によって実施されていた祭事です。

 

誕生した日を1歳と位置付けて、次なる正月において2歳だと認識してください。今の時代においては、満年齢によって七五三のお祝いを行なうおウチが大多数ですよね。

 

原因は様々存在しますが、あまりに体が小さいと袴の着せることが難しいとか、神社の中でお参りしているさなかに子供が耐え切れなくて、うるさくしてしまうなど、大人の事情が多いと聞きました。自分の知人もみんな、お子さんの満年齢によってお祝いを行なっています。

 

このポイントで、はたまた難しいのは、早生まれの子供さんはいつ行うのかということ。これに対しての解答は「あなたが決めて大丈夫です

 

これは自分なりの考えですけれども、幼稚園に入学すると、4月から3月に至る迄の生年月日のお子さんが同級生とされますよね。ですから、同様の学年の早生まれじゃないお子さんが七五三を行う年に一緒になってお祝いしておけば、難しいことにならずオッケーなのでは?と思います。

 

数え年であろうとも満年齢であろうとも、お子さんの事を愛する思いが重要なんですよ!

 

 

男の子の七五三の行うポイントを再度確認!

252251

それではもう一度男の子供さんの七五三はいつ行うかをまとめます。再度確認してください。

 

男の子供さんの七五三は、

・3歳と5歳(3歳は、やってもやらなくてもどちらでもOK)

・数え年と満年齢は両方とも行っても大丈夫

・11月15日当日あるいは、その日より前の大安等に行う

 

こんな感じで様々なスタイルが存在している事が判明しました。3歳で実施しないケースなら、5歳の一回だけでも構いません。

 

七五三は、地方ごとに行う年齢も違うし、絶対にこの歳でなければいけないという厳格なものではあまりないかもしれないですね。

 

ちゃんとおとなしく子供がしてくれるかどうかというハラハラ感とかもすべてひっくるめて、楽しい思い出に残るように祝ってあげてほしいと思います。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す