新聞の勧誘トラブルが増えている!ベストな対応策をお教えします!

新聞の勧誘に対してのもめごとが尽きません。とりわけ、長年にわたっての契約についてのいざこざが拡大しています。

 

このような勧誘に対してどのように対処すればいいのでしょうか?今回の記事で解説させていただきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

お悩みケース1

 

5年ちょっと前、契約してすぐのA新聞のセールス員に「こちらの契約ののちもプラスして7年間の契約を行なってもらえるのなら、液晶テレビをさしあげます」と聞いた。

その時点では、A新聞との5年間の契約が済んだ後で、B新聞と5年間の契約を行なっていた。なので、断ったけれど「そういうことであったら、B新聞が済む10年後からの契約で大丈夫です」と伝えられ、テレビにも惹きつけられ抵抗を示せずに契約を交わした。

けれども、ただいま70歳手前になってしまって、文字が読みにくく、B新聞との契約が一区切りをつける5年以降からのA新聞を、7年間にわたって目を通していく確信を持てない。

A新聞に契約を止めたいと知らせると「液晶テレビのお金6万円を返却してもらう」と通告されてしまった。

 

お悩みケース2

 

歳をとってしまった両親が養護ホームに入ることになった。しょうがなく、加入していた新聞を解約しようと試みたら、「強制的に解約するつもりなら、契約の際に渡したお買い物券の費用7万円を返却してもらいたい」と通告された。

 

相談ケースから確認した課題

df8f2cc58130506676cd850f3f283d07_m

・お年寄りに向けて、数年あとの長期契約を促す

契約をしている間に、当事者自身が健康を害したり、介護が理由で施設に入居する等、購読が出来なくなる環境になるケースがあります。

 

・高い金額の品物を提供する

契約をした後に、購読者が取扱店に解約を要求すると、景品のお金を一元で払うか、代わりの物を購入して返却するように強制された具体的な例も見受けられます。

 

スポンサードリンク

 

いざこざにならないようにするには?

 87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_m

・高い金額の品物を伴った契約は辞退する

 

新聞を契約する際に、取扱店が購読者に用意することが可能な品物の価格は、景品表示法の告示で決まった金額以内に規定されてあります。朝と夕方の新聞が一緒である場合は、半年分で2000円ほどぐらいでしょう。新聞のタダの供与だったり割引も禁止されているんです。

 

・今後困難とならない限度内・日数に合った契約を

 

取扱店は、購読者が購読している間の他の新聞の契約とのダブりを回避することを考えて、数年も後から開始する契約を促すケースがあります。けれども、契約日数が、長期にわたるケースだと、経済状況・健康面での関係で購読が無理になってしまうことが発生します。

 

とりわけお年寄りの契約であったら、病気とか介護などが理由となって、その割合はますますアップします。日数を規定した契約は、クーリング・オフ期間を経過するとサクっと解約するのは困難だと思います。長年にわたっての契約は控えることが安心でしょう。

 

・「新聞購読契約に関するガイドライン」

 

13年11月、日本新聞協会と新聞公正取引協議会は、取扱店が読者から中途解約の要請をされたケースの対処の指針を策定したのです。

 

それらの内、ユーザーの引っ越し、死去、それ以外のやむを得ない背景が理由の解約の要請については、取扱店がお客と詳しく対話をし、承諾だったり契約日数の改変とか、購読者の環境に合わせた穏便な解決をするように規定されています。

 

要望しない契約はクーリング・オフを

71df6e4f0e6d17ce6489f1052731be5a_m

訪問販売によって新聞を頼んだケースだと、書面をもらった日を加え、8日間は条件をつけることなく契約をストップすることが可能です。もし日数が経過していても、断念せずに消費生活センターにお話してくださいね。

消費生活センター

http://www.kokusen.go.jp/map/

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す