しゃっくりの止め方にツボなんて必要ない!呼吸法だけで治せる!

しゃっくりって、なかなかうっとおしいものですよね。大事な時に出たりしたら、本当にどうしていいかわからなくなりますよね。

 

 

今回の記事では、そのしゃっくりをほぼ確実に止めるテクニックをご紹介しますので、最後まで是非ご覧くださいませ!

 

スポンサードリンク

 

しゃっくりというのは本当にうっとおしいと思いませんか?突然いきなり始まって、ストップさせようと頑張ってもストップできない、そういった風に思いきや、知らない間にストップしてる。

 

そういった 面倒くさいしゃっくりをストップするテクニックを、あなたににご伝授させていただきます。

 

どうしてしゃっくりが出るの?

31db111adf7617e1bf5bc238d653f2ba_m

しゃっくりというものは横隔膜、あるいは呼吸補助筋が痙攣し、声帯が開かないようになり、あの特殊的の「ヒック」という音が起こる現象になります。一般的に言うと、ある程度経つと治っているものでしょうが、中には診察が欠かせないものも存在します。

 

 

しゃっくりを抑え込むやり方

6f5a08dab73371569da2c6de8885a884_m

耳鼻科のドクターに確認した、しゃっくりをストップするコツをあなたにレクチャーしたいと思います。

 

①10秒になるまで、極限にまで息を吸い上げてください。

この際に、吸い上げることが深くないとダメです。横隔膜を引き下げる感じでやりましょう。

②10から15秒の間、息をしない

③10秒費やして、じわじわとぎりぎりまで息を吐く

この際にしんどくなっても一気に息を吐いてはダメ。きっちりと10秒間は吐くことを止めないでください。

④5秒間、また息を吸い込む

⑤サッと呼吸を行なう

 

ここまでになります。

 

これ一連の動作を実践している途中でしゃっくりが出てしまう場合は、いったんやり直し、再びスタートから実践してください。

 

スポンサードリンク

 

どうしてこのやり方によってストップするのか?

6d4ab5335fc825507b96761cc3065294_m

第一段階、ぎりぎりまで息を吸い上げることを通じて、横隔膜が極限まで下へ落ち込みます。その後にそのまま息をストップすることを通じてしゃっくり、要するに横隔膜の痙攣が発生しそうになったとしても、肺の中には空気が十分に備わっているから、横隔膜は動かないのです。

 

空気をいっぱい吹き込んだ風船を頭に思い浮かべてみると良いでしょう。その風船を手の平によって圧迫しても、ほとんど凹んだりしないですよね?

 

その現象と同様です 10秒もの間に、息をストップしておくことを通じてその段階がしばらくキープできます。そのようにしてラストにゆったりと息を吐き出す理由は、一気に息を吐き出すと、肺が急速にしぼんで、横隔膜までも一気に活動してしまうからです。

 

一気にやると手間ひまかけてストップさせたにもかかわらず、再度しゃっくりがもたらされる原因となってしまうのです。ぎりぎりまで息を吐き出す行為は、横隔膜に規則正しい活動を理解させることが理由です。

 

 

この方法はあくまで発生したしゃっくりを止めるものです

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_m

この記事でご紹介したテクニックはあくまでも、発生したしゃっくりをストップさせるやり方です。しゃっくりを事前に食い止めるものではありませんので、あしからず。

 

そして、作用は個人個人で当然違います。ですけれども、このやり方を間違いなく実践すればほぼ良くなるでしょう。自分はあなたのちょっとしたトラブル(それが例えしゃっくりであっても)が一個であろうとも減ることを希望しています!

 

でもどうやっても何をやっても止まらない場合は、お医者さんにご相談することをオススメいたします。しゃっくりぐらいで病院へ行くのは恥ずかしいと思わずに行動してくださいね!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す