こめ油で動脈硬化を予防できる?アンチエイジングにも効果が?

こめ油で動脈硬化を予防できるというのが話題になっていますよね。

 

 

実は、こめ油には動脈硬化の予防だけでなく、アンチエイジングにも効果が期待できることを知っていましたか?

 

スポンサードリンク

 

少し前から話題になっている米油。話題がジワリジワリと上昇してきつつありますよね。以前までそんなに話題になったことがなかった米油なんですけれども、米油の中には「スーパービタミンE」という名のスペシャルな成分が入っており、驚くことにとてつもない作用を兼ね備えているものなんです。

 

けれども、どの部分がスーパーと言われる理由なんでしょうか?ちょっと気にかかりますよね。なので、今回の記事では、米油がヘルシーだと考えられている根拠に関して、そのわかりやすい働きをお伝えしたいと思います!

 

 

米油の作用については?

ac0fc32c3d8ef8c8a511b284d09a2b2b_m

 

・皮膚のシミを食い止める

びっくりするかもですが、米油の中の美肌作用に注目が集まっています。この理由は、米油がメラニンに影響を与えていることからだと言われていますね。

 

あなたはメラニンという名の成分を知っていますか?美容に注目している人だったら知っているのではと考えられますが、メラニンというものは、紫外線が皮膚の深くまで届かないことを狙って阻止を行なってくれる成分なんです。

 

生み出されたメラニンは、古くなってしまうと角質と同時に放出されて、ふたたび新規に生まれるのです。メラニンの放出、形成の循環が規則正しく行えれば構わない訳ですけども、循環が整わなくなると、メラニンは皮膚のシミに変わって残ってしまうことになります。

 

「自分は若いから問題ない」と気を抜いていたのなら短絡的過ぎますよ。シミが生まれる原因には加齢に限らず、紫外線とかフラストレーション、ホルモンバランスの異常も影響します。

 

ですから、年齢が低くても皮膚にシミが残る確率はかなりあり得ることを知っておいてください。そんな時に、パワーを発揮してくれるのが米油!なんと米油の中にはメラニンからシミが残る事を阻止する機能が存在します。

 

米油を皮膚にダイレクトに塗ることを通じて、美肌作用があるということになるんです。米油は食用の油だから食するアイテムだと考えるに違いありませんけども、美容がお目当てのケースでは、皮膚に塗って活用している用い方がおススメされているのです。

 

 

・アンチエイジング

把握されている方もいると思いますが、皮膚のシワとかシミを阻止するためには、抗酸化物質の補充が効果的であります。抗酸化物質の中には様々ありますけど、とりわけ抗酸化パワーが強力な成分でポピュラーなのがビタミンEだと言えますね。

 

驚くことにビタミンEにおいてもバリエーションがあり、米油に入っている物は普通のものよりももっと抗酸化パワーが強烈なスペシャルなビタミンEなのですよ。そのスペシャルなビタミンEのネーミングは「トコトリエノール」!

 

「トコトリエノール」はスーパービタミンEと見なされるぐらい非常に抗酸化パワーが強烈なのです。果たしていくらくらい強力であるのかと説明すれば、通常のビタミンEの40から50倍!米油の抗酸化パワーは、ケタ外れに力を発揮するということです!

 

抗酸化パワーが秀でているという意味は、それに比例して、アンチエイジングをすることが可能だという要因だと考えられますね。

 

トコトリエノールを豊富に持っている油は、米油に限らず存在していますが、沢山入っていると紹介されているパーム油の場合でも、100グラムにつき1.5グラムということです。それに対して、米油は100グラムにつき7.5グラムと、抗酸化パワーが秀でている事が理解できますよね!

 

スポンサードリンク

 

動脈硬化の改善作用!

f89de9cf050deef843ad5702a5a0135f_m

米油を健康を願って摂り入れようと考えている人に、とりわけ関連する作用が動脈硬化の改善!と言って間違いないでしょう。

 

患者さんの数は日本全体でおおよそ1300万人になり、病気によって死亡する原因の30%を占めると見なされる動脈硬化。大変心配な病気に違いありませんよね。

 

動脈硬化に関してほんの少し説明しますと、動脈硬化と言われるのは、動脈の間にコレステロールがふさがったり、動かなくなったりして、血のサイクルがストップされる病気を指します。

 

動脈は酸素とか栄養成分をカラダのいたるところに運ぶ大事な機能ですので、動脈の滞りは脳梗塞であったり心筋梗塞といわれる、危険な病気をもたらしかねません。そういった中において、動脈硬化を良くする為に話題になっている物が米油という訳です。

 

前の方でもご説明した米油に加わっているスーパービタミンEのトコトリエノールですけれども、トコトリエノールの中には悪玉コレステロールの数値を引き下げる効能が期待できるんです。ですので、コレステロールの下降機能とか、動脈硬化の予防作用が可能なのです。

 

また、酸化し終わったコレステロールを元通りにする機能も存在していますから、動脈硬化の予防にとどまらず、発症した後の改善においても効果的なのです。

 

現に米国の検証においては、トコトリエノールの影響を受けて、頸動脈の血の流れが25人の中の6人も回復したといった発表もあったみたいです。

 

米油みたいな購入しやすく、金額もお手頃な商品で動脈硬化ほどの大型の病気の防止が望めるのであれば、積極的に長期間にわたって口に運んでおきたいと言えますね。

 

 

米油の1日の摂り込む分量はどの程度?

30b945816607da126a3391329824d12d_m

ビタミンEの1日の目安の摂り込む分量は、おおよそ8ミリとなっていますが、米油についてはスプーン1杯(15g)ほどで、1日の摂り込む分量の70%も摂れてしまうことになります。

 

同様の分量のビタミンEを摂取しようと考えたケースだと、アーモンドでは24グラム要ることになるのですけど、米油だったらたかだかスプーン1杯くらいで構わないから、非常にカンタンだと思います。

 

今日まで、アンチエイジングにビタミンEが効果的だと認識がなかった人も、認識してたけど常日頃の食生活の中でそんなに摂り込むことが適わなかった人も、米油だったら、日頃からスプーン1杯をそのまま摂り込みさえすれば十分なので、手軽で理想的ですよ。

 

まとめ

・米油の中にはスーパービタミンEという名の「トコトリエノール」がたっぷりと配合されている。

・トコトリエノールの抗酸化パワーは一般的なビタミンEの40から50倍。

・抗酸化パワーがハイレベルなことから、皮膚のシミとかシワを食い止める美肌・美容効果が 見られる。

・トコトリエノールの中には、酸化し終えたコレステロールを再生させる作用が期待できるから、 動脈硬化の防止とか改善においても効果が期待できる。

・米油はスプーン1杯(15g)の飲用によって、1日のビタミンEの目安の摂り込む分量の70%を 摂り込むことが可能。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す