魚の美味しい焼き方のコツは?フライパンでも簡単に!動画付

私は一人暮らしをしておりまして、たま~に自分で魚を焼いて食べたりするんですけど、魚を焼くのって結構難しかったりしませんか?

 

あまり何も考えずにテキトーに焼いていたら、焼き網に魚がくっついてしまったりして、失敗することが多いんですよね・・・

 

この記事をご覧のあなたもきっとそういう失敗はされているはず!なので、おウチで美味しく魚を焼く上手なコツを知りたくありませんか?

 

自分ももっと美味しく焼き魚が食べたい!と思ったので、徹底的に美味しい焼き方を調査してみることにしました!

 

最後には、フライパンで簡単に魚を焼ける方法も動画で説明していますので、是非最後までご覧になってくださいね!

 

スポンサードリンク

 

照り焼きのタレを塗るタイミングは?

0e260cf490409fae5fa7341297d8fae6_m

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]

魚をそこそこ焼いてからタレをからめると、魚に火が入り過ぎないので、パサつくことがありません。

タレは一回目は豊富に、2回目からは少な目に塗ってください。タレを乾燥させる感覚で焼くとオススメです。

[/colored_bg]

 

焼き網は先に温める?

122755

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]

焼き上がった後に、焼き網に魚がくっついてしまい、ボロボロになってしまったといったミスはよくありますよね。それを避けるためには焼き網をあらかじめ加熱しておくと魚がくっつきにくく変わります。

さらに焼き網に油を塗っておくことも有効性があります。

[/colored_bg]

 

[illust_bubble subhead=”尾頭を持っている魚を焼く場合の「化粧塩」とは?” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”point-m2-l”]化粧塩は、尾頭を持っている魚を焼く際に、尾とヒレにすりこむ塩を意味します。尾とヒレは焦げやすいことから塩によって焦げつきを防止する事が可能です。おウチでは塩の代役としてアルミホイルを用いてもベターでしょう。[/illust_bubble]

 

盛り付けで表になる方を先に焼く!

9292d6bdf34f07cabd923bb63b8b6b49_m

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]

魚の盛り付け方は、頭が左で腹は手前にくる具合にしてください。このポイントを理解して焼き始めてください。

40%ぐらい焼けたらひっくり返して、火が通るまで焼いてください。最初に表を焼くと表面を焼き過ぎないので、見た目もアップします。

[/colored_bg]

 

スポンサードリンク

 

塩を振るのは焼く直前?

c52cd32b15aaa8f607ae579b403ef5e5_m

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]

不要な水分が出ないことに注意して、鮮度が良い魚は焼く間際に塩を振るとおすすめです。

生臭い青魚は塩を振ってから少しの間置いてください。水分をキッチンペーパーだったりでふき取ってから焼きましょう。

[/colored_bg]

 

[illust_bubble subhead=”魚の塩のふり方は?” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”point-m2-l”]塩焼きにする際のふり方は「ふり塩」が通常です。ふり塩と言いますのは、30センチほど上からひとつまみの塩を魚の身体全体にふる手法です。塩をふった後は、15から20分ぐらい置いて焼きましょう。[/illust_bubble]

 

干物は日本酒を塗ってから焼く?

e2fff063bbf91735fa32d2abe38a565f_m

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]

干物は日本酒をハケを使って塗ってから焼いたら、しっとりと焼き上がってくれます。冷凍物の低価格な干物もパサつきにくく変わります。

[/colored_bg]

 

味噌漬け、かす漬けの焼き方は?

74d027c9733935c5cbe4381af39699b0_m

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]

味噌もかすも焦げ付きやすいことから、表面をぬぐってから焼いてください。

たっぷり付いている方が味が良いと考えるかもしれませんが、つけこんであるから、うま味が少なくなるということは無いので大丈夫です。

[/colored_bg]

 

まとめ

 

今回の記事をまとめますと・・・

 

[colored_bg color=”red” corner=”r”]

魚を上手に焼くには?

照り焼きはある程度焼いてから、タレは一回目は沢山、二回目は薄く塗る。

焼き網は事前に温めておく、あるいは油を塗っておくと、魚がくっつきにくくなる。

魚は頭が左で腹が手前に盛り付ける。

先に表面を4割ほど焼いてから裏返し、火が通るまで焼くと見栄えが良くなる。

水分が出ないように事前に塩を振っておく。

臭みのある魚は塩を振ってから少し置き、ペーパーで拭き取る。

干物は事前に日本酒を塗るとしっとり焼きあがる。

味噌と、かすは焦げやすので、しっかりと表面から拭き取る。

[/colored_bg]

 

いかがだったでしょうか?私もこのやり方で焼き魚を作ってみましたが、今までと全然味が違うことに感動しました!

 

ちょっとしたコツで焼き魚って格段に美味しくなるもんなんですね~やっぱり料理はコツを知ることが大事なんだなと改めて思い知らされました!

 

あなたにも是非、今回の記事を見て、美味しい焼き魚を食べていただきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

[illust_bubble subhead=”フライパンでも美味しく焼ける!” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”point-m2-l”]こちらの動画では、フライパンで魚を焼いていますが、焼き網を使うよりもずっと簡単にできるので、一人暮らしの男性の方とかにはとても楽にできて良いんじゃないでしょうか?私もやってみましたが、この動画のやり方でやったらフライパンでもめちゃ美味しかったです!是非あなたもお試しを![/illust_bubble]