ひな祭りの由来と歴史は?実は中国発祥の行事だった!?

三月三日はひな祭り。ひな人形を飾って、お嬢さんの発育を祝う大変楽しい催しであります。残念ながら私にはまだ娘はいないのですが(笑)子供の時は、姉のひな祭りで楽しかった思い出があります。

 

ひな祭りにはひな人形が欠かせませんが、どうしてこのような風習になっていったんでしょうか?ちょっと疑問に思いませんか?

 

なので、今回の記事では、ひな祭りの由来やその歴史について徹底リサーチしてみることにしました!出来るだけわかりやすく解説させていただきたいと思いますので、よろしかったらお子さんにも教えてあげてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

ひな祭りの由来は中国から?

289341

 

ひな祭りは中国から伝わった行事だといわれているようです。それでは、中国ではどのような感じでこのひな祭りの元になるものが始まったのかをまとめてみました!

 

まず、ひな祭りの日である三月三日についてはこのような起源があります。

 

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]

中国では三月三日は上巳(じょうし)の日という風にも称されている。

上巳という意味は、三月初めての巳(み)の日を指す。

巳(み)の日は金運にまつわる縁起の良い日とされている。

上巳の日が三日に変わったのは日本で言うと古墳時代四世紀あたり。

[/colored_bg]

 

このように中国では三月三日に特別な意味が持たれるようになったんです。

 

で、その三月三日に行われてたいた行事が「曲水の宴」というものでした。この「曲水の宴」は以下のような行事だったと言われています。

 

031103

 

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]

三月三日に宮中で「曲水の宴」が度々開催されていた。

「曲水」とは、まがりくねって流れる小川の意味。

曲水に上流から杯を流して、それが目の前を過ぎ行く前に詩歌を詠んで、その杯をとりあげて酒を味わうという非常に風流な催し物だった。

その際、人形(ひとがた)を体にあてて息を吹きかけて、心身の穢れを人形に移し、水に流した。

この宴は、元来は中国の禊(みそぎ)の行事と位置付けられていた。

禊とは自分自身の身を清めること。

[/colored_bg]

 

このように、曲水の宴は、人形に心身の穢れを移させてもらうという行事だったんですね。それで、このような行事が平安時代に伝わり、日本でも行われるようになったんです。

 

日本のひな祭りの歴史は?

321144

上巳の行事に、ひな人形に穢れを移して流していたということが、日本のひな祭りの発祥ではないだろうかと考えられています。

 

中国から曲水の宴が伝わった頃、男女一組の紙びなを作って、桟俵(米俵の両すみにつける円形の藁蓋)とか竹の皮等に乗せて、川に流し、心身の穢れを清めるということが日本でも行われるようになったんですね。

 

その証拠となる文献として、平安時代を代表する文学「源氏物語」の中には、

 

[colored_bg color=”blue” corner=”r”]

源氏の君が陰陽師に祓いをさせて人形を舟に乗せ、須磨の海へ流す

[/colored_bg]

 

といったシーンがあるのです。

 

そして、こういった曲水の宴は現代の日本においても行われている所があります。

 

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]

福岡の太宰府天満宮

鳥取市の用瀬(もちがせ)周辺

[/colored_bg]

 

この中でも鳥取市の用瀬では、旧暦の三月三日に男女一組の紙びなを桟俵に乗せて、菱餅とか桃の小枝を足して心身の穢れを移し、千代川に流し、健康第一で暮らせるように望む「流しびな」の行事がとり行われています。

 

近年のように、ひな人形を流さないで、飾りながら祝う事が普及したのは江戸時代からだと考えられます。そうして、三段飾り、五段飾りと、より華麗に変わっていったということですね。

 

スポンサードリンク

 

ひな壇に飾られるものの由来は?

115269

ひな段に装飾を施されるものは、桃の花、菱餅、ひなあられ、あるいは白酒等が挙げられますけど、ひとつひとつ理由が存在します。

 

例をあげますと・・・

 

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]

桃の花は増殖のパワーが強力で、陽性の植物だということもあって、頼もしい厄除け、魔除けの作用を見せてくれると考えられている。

菱餅は紅・白・緑色で、紅は桃の花として魔除け、白は雪として浄化、緑はよもぎとして厄除けを意味している。

ひなあられはピンク・緑・黄色・白によって四季を指している。また、ひなあられは、関東地方だったらご飯を合わせて作ったポン菓子に砂糖等によって味つけさせた甘いお菓子、関西であればから作りられる。

[/colored_bg]

 

これらに加えて、ひな祭りの日においては恋愛に関しての意味合いが強いものがあります。

 

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]

一生一人の人と添い遂げられるように、といった望みを込めて、対となっている貝殻じゃないとピタッとマッチしないハマグリが用いられる。

縁起がいいとされる具がいっぱい加わっているちらし寿司を口にすると、素敵な結婚がもたらされると言われている。

[/colored_bg]

 

[illust_bubble subhead=”ひな人形にまつわる注意事項!” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”douzo-w1-l”]ひな人形は、ひな祭りがすんだら、可及的速やかに片付けてください。綺麗であるからとそのまま飾っていたら、お嫁に行き遅れる、あるいは毎年毎年出さなかったらひな人形が涙するといった言い伝えも存在します。[/illust_bubble]

 

ひな人形の代わりとなる「吊るしびな」

193446

そして、ひな人形は昔から非常に高額だったので、身内とか親しい方が生まれてきたお子さんの幸せを望んで、ちょっとずつハンドメイドのささやかな人形を持ち寄って作成しました。それが「吊るしびな」と言われるものです。

 

吊るしびなは江戸時代頃から作られるようになり、あまり裕福では無い家庭にとっては、ひな人形に代わるものとして大変重宝されたということです。吊るしびなの由来の地としては・・・

 

[colored_bg color=”light‐yellow” corner=”r”]

静岡県の東伊豆町稲取の「つるし飾り」

山形県酒田市の「傘福」

福岡県柳川市の「さげもん」

[/colored_bg]

 

が知られています。

 

まとめ

 

今回の記事をまとめますと・・・

 

[colored_bg color=”red” corner=”r”]

ひな祭りの起源は中国から伝わったとされている。

三月三日に行われた曲水の宴から始まったとされている。

人形に自分の穢れを移すことで、自身の身を清めようとした。

日本では平安時代頃に、曲水の宴が行われるようになった。

現代の日本でも「流しびな」の風習がある所がある。

人形を川に流さずに飾るようになったのは江戸時代から。

ひな壇に飾られるものの一つ一つにちゃんと意味がある。

高価なひな人形が買えない地域では、「吊るしびな」が行われた。

[/colored_bg]

 

いかがだったでしょうか?ひな祭りの由来と歴史は、かなり中国と関係が深かったということがわかりましたよね!

 

私も自分の子供ができて女の子だったら、しっかりとした雛人形を買ってあげて、お祝いをしてあげたいな~と、この記事を書いているうちにかなり思いだしました。

 

やはり女の子にとって、桃の節句であるひな祭りはとても大切な日。なので、この記事をご覧のあなたも身近に女の子のお子さんがいたら是非お祝いしてあげてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

[illust_bubble subhead=”吊るし雛がとてもキレイ!” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”yorokobi-m2-l”]こちらの動画は福島県の中之作で行われた、吊るしびなの飾り祭りの様子です。非常にキレイな人形が吊るされていて、映像もとても綺麗なので感動しますよ!是非一度足を運んでみて、実際に見たいなと思いました!またこのような風習はずっと残ってほしいなと思います![/illust_bubble]