感染性胃腸炎の症状は大人だと発熱?予防と治療は?画像動画あり!

感染性胃腸炎である「ノロウイルス・ロタウイルス」が
東京と大阪の大都市で流行を見せ始めているという
ニュースが流れました。

 

 

 

 

感染性胃腸炎

 

 

 
これは、東京と大阪だけでなく、仙台や横浜でも
三週間連続で増え始めているということです。

 

 

 

 
この感染性胃腸炎の原因や症状、予防法、治療法は
どんなものがあるのかを調べてみました。

 

[ad#co-2]

 
この感染性胃腸炎である「ノロウイルス・ロタウイルス」は
現在、東京や大阪で11月の4~10日の週の患者数が
急激に増加しています。

 

 
この病気の原因や症状にはどんなものがあるのでしょうか。

 

 

 

 

 

・感染性胃腸炎になる原因

 

 

 

 

 

感染性胃腸炎になる原因は、経口感染によるものです。

 

 

 

 

 

それは、患者の便や吐しゃ物を触って感染したり、
患者と接触する場での飛沫感染、井戸水などを飲んで
ノロウイルスに感染するというのが主な原因になります。

 

 

 

 

感染性胃腸炎

 

 

 

 

 

・感染性胃腸炎の症状

 

 

 

 

 

個人によって違ってきますが、発熱や下痢、嘔吐、腹痛が
主な症状になります。

 

 
感染性胃腸炎に有効な予防と治療法はあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

・感染性胃腸炎の予防法

 

 

 

 

 

一番重要なのは手洗いになります。トイレの後、
食事の前などは殺菌成分の入った石鹸でしっかりと
時間をかけて手洗いをしましょう。

 

 

 
また、生ものを食べるのは出来るだけ避けるようにし、
十分に火が通ったものを出来るだけ食べるように
しましょう。

 

[ad#co-2]

 
・感染性胃腸炎の治療法

 

 

 

 

 

 

もし感染してしまった場合は、水分をしっかりと
摂取するようにしてください。

 

 

 
また、栄養を摂ることが大事なので、出来るだけ
食事も摂るようにしたほうが良いです。

 

 

 
もし嘔吐が酷く食べることが出来ない場合は、
お腹にやさしい食べものを食べることが大事です。

 

 

 

 

 

そして子供や高齢の方は症状が出始めたら、すぐに
病院で診てもらいましょう。

 

 

 

 

感染性胃腸炎

 

 

 

 

 

症状が悪化してしまうと、肺炎になるという
可能性もありますので、十分に注意しなければ
いけません。

 

 

 

 

 

感染性胃腸炎の予防についてのわかりやすい動画が
ありますので、是非ご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの予防をすることで、感染の発症率を
かなり下げることができますので、
十分な対策をしておくことが無難です。
しっかりとした予防をしておきましょう。

 

[ad#co-2]